電車の中にギターを忘れよう

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年2月5日(金曜日)
【山口県】 岩国市
















朝6時に起きて、ギター持って寒い寒い言いながら梅田まで歩いて高速バスに乗り、広島から電車に乗り換えてライブのある岩国市に到着して電車の中にギターを置き忘れるという技術。







うわぁぁぁ、俺なにしに岩国来たんだろう。

空がすっごい綺麗だなぁ。
















おぺええええええええ!!!!!つってダッシュでホームに戻ったら、岩国が終着駅だったので電車がまだ止まっており、無事ギター戻ってきました。


ギターと肩掛けバッグしか持ってきてないのになんでギター忘れるんだろう……………

















それにしても広島駅の中で食べたお好み焼きがマジ美味かった。












駅ビルの中にお好み焼き屋さんがズラーっ並んだソースの匂いが立ち込める通りがあるんだけど、やっぱり広島に来た人たちはみんなお好み焼きを食べたいようでどのお店もかなり混雑している。


そしてそれぞれにおばちゃんたちが呼び込みをしていてなかなか入りづらい。







意を決して、テキトーに入店。老松ってお店。

ちなみに麗ちゃんってお店が1番人気みたい。









みなさん、この写真を見てどう思いますか?













美味しそうですよね。わかります。



広島のお好み焼きってのは言わずと知れた広島スタイルで、一般的な関西風お好み焼きとはまったく別物。

クレープみたいな薄生地の間に焼きそば、豚肉、キャベツ、目玉焼きを挟んでおり、何層にもなっているので味わいが次から次に変化してとても美味しい。





でもそこじゃないんです。この写真で気づいてもらいたいところは。










上に写っているでしょう。




あいつが。





マヨ様が。















広島でお好み焼きを食べたことのある人ならば、これがどれほどの偉業なのかわかってもらえると思います。





広島のお好み焼きって基本マヨネーズかけないんです。

ソースのみ。

鰹節とかもだいたいないです。



さらに、みんな鉄板の上で保温した状態で鉄のヘラを使って食べます。






もうマジ戸惑う。




生粋のマヨラーである僕からしたらマヨネーズのないお好み焼きなんて、爛漫のない宮崎、ギターのないボブディラン、パイズリをしない巨乳みたいなもんです。

マジ困るってことです。






しかもなんかみんなヘラで食べてるから俺もそうしなきゃいけない的な空気になって頑張ってヘラで小さく切りながら食べようとするんだけど、あんな鋭利で幅広なものを口に入れようとしたら歯にカチカチあたるし唇の端っこにソースつくし、マジで困る!!!!!









しかし、今日の俺は覚悟を決めていた。




絶対にマヨネーズをもらう。

そして箸で食べる。






これを、竹内力がお好み焼きを目の前で焼いていたとしても必ず貫き通す。


周りの広島人たちから、なめとんけ!!ワレ頭もみじ饅頭にしちゃるぞって言われてもマヨネーズをもらってみせる。








大げさだと思うかもしれないけど、マジで広島のお好み焼き屋さんではそんな暗黙のルールが存在している。


昔の俺はその空気に負けて、なにも言わずおとなしくマヨネーズのないお好み焼きをヘラで口の端にソースをつけながら食べていた。




もう負けない。


俺はあの時の俺ではない。




世界中を旅してきて、自分の意思と決断でいろんな困難を乗り越えてきた。


意思を貫くこと、その尊さをこれでもかと学んできたんだ。






いかに広島のお好み焼き屋が頑なであろうと負けない。

もし、そんな食い方するやつにウチのお好み焼きは出せんけぇのぉ!!って怒られたら、あー、はいはいさいでございますか、って店を出てやる。特大のオナラをしてから。



やってやる。


やってやるぞ!!!
















「すみません!!……………マヨネーズください!!!!」



「はいどうぞー。」






普通にマヨネーズくれました。


そして箸で食べました。





とても美味しかったです。































というわけで今週の日曜日にあるライブのために岩国市にやってきた。


週末に路上を挟もうと思って金曜日から前乗りだ。


おかしな話なんだけど、大阪から高速バスで山口県の岩国まで来たら6500円くらいする。



でも少し手前の広島市までだったら3000円くらい。

広島市から岩国市までは電車で750円。







どゆこと?

誰が乗るの?岩国行き。










電車を降りて改札まで行ったところで、あれ?なんか右手が軽い、あ、ギターない、ふーん………………………おぺえええええええええ!!!!!!アババババ!!!


ってなってダッシュで戻ったら電車がまだ止まっていたので無事ギターを取り戻し、忘れ物王子健在。




いやー、ウケるわーってすぐフェイスブックにニヤニヤしながら投稿していたら、友達のアイラが駅まで迎えに来てくれた。















「いえーい!!文武久しぶりー!!」




相変わらず元気全開のアイラ。

久しぶりやなー!1年半ぶりかー!!





アイラと前に会ったのは台湾の台北のとき。


俺の世界一周の終盤で会いに来てくれ、3日くらい一緒に過ごした以来だ。
















まだ俺が日本一周をしていたころ。

そのころはまだライブができる箱をあんまり持っていなかったので、自分で探して飛び込み営業をかけていた。

この岩国市でもそうで、どこかいいお店ないかなーと駅前をウロついていたら、アーケードの中に大きなストラトキャスターの看板がかかった、いかにもライブハウスです!って感じのお店を見つけた。


その名もロックカントリー、略してロッカン。
岩国の英語直訳( ^ω^ )



ドキドキしながら中に入って行って、日本を旅してます、よかったらなんかのライブに突っ込んでください!とスタッフさんにお願いした。


普通なら音源くださいとか、今ちょっと演奏してみてください、って感じでオーディション的なことを要求されるんだけど、ここでは、おー!いいですねー!やりましょやりましょ!!とソッコーでライブを組んでくれた。


それがアイラとの出会いだった。










アイラは若いころから海外を放浪していたバッグパッカー。


旅人同士、話も合ってすぐに仲良くなって、それからというものアイラに何本ライブを組んでもらったかわからない。



ただアイラは原発反対とかそれに伴う選挙活動とかをバリバリにやっている女なので、意見が食い違ってぶつかることも何度かあった。

お互い若くて、それぞれの主張を曲げずにぶつけあったもんだ。










今回、海外に行く前の日本での最後のライブを組んでもらった。


岩国で、アイラの主催でライブができて嬉しいよ!!





































「じゃ、文武、これチラシだからよろしくね!!」



イベンターとして数々のライブを企画しているアイラなのでチラシのデザインもお手の物。

いい感じのチラシを渡され、夜の町にやってきた。




















岩国の飲み屋街は、マリフという変わった名前で、米軍基地のアメリカ兵と日本人たちが入り混じって赤い顔をして歩いている。





あぁ、そういえばずいぶん久しぶりになってしまったな。
何日路上やってなかったっけ?



ギターを取り出して、恐る恐るアスファルトに声を出す。


すると全然声が出なくてびっくりした。

おお、最近全然路上やってなかったもんな……………





まぁなんとかなる。
いつもこれからだ。







「あれ?………あれー!!金丸君じゃろう!?うわー!久しぶりじゃねぇ!!ほら、うち来て歌って歌って!!」




横のスナックのママが出てきて声をかけてくれた。

この辺りのスナックはいくつか馴染みがある。


あー、懐かしいなぁ。






「ママー!!お久しぶりです!!」









やっぱ路上は楽しいわ。












旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村





何もない1日でも思うことはたくさんある

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年2月4日(木曜日)
【大阪府】 福島







お、驚くほど書くことがないいいいいいいいいい!!!!!!!!!!!





驚異的なまでに地味な1日でした。













でもカンちゃんがいる。

カンちゃんと過ごすなにげない、ただの1日。



昔だったら何も積み上げていない1日に罪悪感を抱いていた。


ギターを練習したり、曲を作ったり、遠くに行ったり、何か新しい経験をしたり、そんな1日を過ごさなかったら、なんて無駄な時間を過ごしてしまったんだと焦りにさいなまされた。











でもカンちゃんといたらそれだけで充実していると思える。


一緒に起きて、一緒にごはん作って、一緒に食べて、一緒に散歩して、一緒に笑って、映画見て、それについて話し合って、お風呂入って、眠る。


カンちゃんと過ごす時間の1分1秒の全てが貴重で、もったいない。
















カンちゃんは20代前半の時、3年ほど難波の宗右衛門町にあるダイニングバーで働いていたらしい。

モロに俺が日本一周の最初のころに心斎橋でホストのバイトをしていたころとかぶる。


てことは、完全に同じエリアで何日も夜を過ごしていたことになる。



俺はホストのキャッチで路上で女の子に声をかけまくっていたし、カンちゃんもバーのチラシ配りで路上に立っていたそう。

もしかしたらすれ違っていた。




あの時、あの夜、まだお互いに20歳とか21歳のときにすれ違っていたんだ。






それが10年以上経った後に、熱気でむせるゴチャゴチャしたマレーシアのチャイナタウンで出会った。



あの時、カンちゃんが屋台で1人でサテーを食べてる俺に声をかけてくれなかったら、俺がシンガポールから出るのが1日遅かったら、きっと永遠に出会わないままだ。







色んな偶然が重なって、いくつもの道が入り乱れて、様々な決断の果てにカンちゃんと出会えた。



ここに来るまでに色んなものをなくして、人を傷つけて、俺も傷ついて、恨まれたり、泣かれたり、失望されたりして、やっと今の自分がある。


それはカンちゃんも一緒で、俺は出会ってからのカンちゃんしか知らないけど、色んな歴史が積み重なって今のカンちゃんがある。



















カンちゃんと一緒にいすぎて、自分のことがあんまり出来ないということは若干、気にかかる。


1人で旅してる時は何にでもチャレンジするしある程度ストイックになれるけど、カンちゃんといるとついつい全てを優先させてしまう。


ダメだなぁと思う。
依存しすぎたらいけない。


年々臆病になって、カンちゃんと出会ってさらに臆病になっていってるようにも思う。







今日1日が終わる時、全てにありがたいと思えるけど、同時にすごく寂しくなる。


あと数日夜を越えたら俺は外国だ。


カンちゃんと離れ離れになる時間を想像するだけでげんなりする。

















でも、カンちゃんと出会って違う面で強くなってる気もする。


例えどんなに失敗したとしても、カンちゃんがいるということだけでどんなことも怖くないと思える。

前よりも大胆に挑戦することができる。


世界のどこにいても、カンちゃんがいるだけで勇気がわく。




反面、カンちゃんを失ったらマジでヤバそうだけど……………












何も持たずに生きていけるほど強くはない
君が僕の存在を肯定してくれる







驚くほど書くことのない1日。


でも、心の中には書ききれないほど様々な感情が形を変えながら漂っている。


そんな日記。













そしてラーメン食べ過ぎ!!












旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



金丸文武
プロフィール
宮崎県出身。路上演奏の稼ぎのみで日本一周、世界一周を達成。今も世界のどこかを放浪中。

kanemarufumitake

Author:kanemarufumitake
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
世界中のホテル予約はこちら!
家族旅行もバックパッカーも!!
広告!!!
本:世界の路上で生まれた奇跡
金丸文武著 好評発売中!!! 金丸文武著 好評発売中!!!
CD:アンダルシアの風
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
楽天なら何でも揃う!!