カンちゃんを実家に連れて行こう

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月13日(水曜日)
【宮崎県】 宮崎市







僕は宮崎が好きです。















好きすぎて、ギター弾き始めた時によく歌っていた曲はサンシャインパラダイスです。





サンシャインパ~ラダイス~
宮崎~が大好き~
だ~か~ら~ パ~ラダイスゥゥゥ~






えっ!?何の曲か知らない!!??

嘘だろ!!!???


宮崎の地方テレビの放送時間終了の深夜に流れ出すこの名曲中の名曲を知らないなんてシンジラレナイ!!!!


















知るわけないですよね。


ていうか歌わないですよ。こんなローカルな曲。







でもサンシャインパラダイス宮崎が大好きなことに偽りはないです。



故郷だからというわけではなく、日本をほぼ全て回ってきて、宮崎はあらゆる面でとても素晴らしいと思います。



暖かい気候、豊かな自然で日本のハワイと呼ばれ、かつて宮崎は新婚旅行のメッカとして誰もが訪れる憧れの地でした。












多くの人を魅了する宮崎のポテンシャル。


その中でも特に胸を張って自慢できるのが、食です。



海産物、地鶏、野菜、すべてのクオリティーが高い!!


始めて宮崎を出た時に、県外でご飯を食べて全然美味しくないなぁと感じることが多かったのは、間違いなく宮崎の食べ物の質が高かったから。










あぁ、恋い焦がれた宮崎のご飯………………







ようやくアレを食べる時が来たよ……………全国のみなさん……………













県外で一緒にアレを探してくれた人たち、本当にありがとうね。

















ふぅ………………


着きやがった。




























な、なにここ!!

眩しい!!

眩しすぎて目が開けられない!!



聖なる場所なの!?
ホーリープレイスなの!!?

キリストの生誕教会よりオーラがパナい!!!!













そう、宮崎市一番街アーケードを抜けて50メートルほど進んだ右側にポツリと佇む風格のある老舗洋食店、




爛漫!!!!!










その邪悪なものの接近を受けつけない神聖なる御姿はまるで南米のアンデス山脈の奥地に残されたインカ帝国の遺跡のごとし。


心が汚れた者が浸入したならば一瞬で灰になってしまいます。













さぁ、行くしかないぜ…………


覚悟を決めてドアを、開け……………るぞ!!!!



マンコカパック!!!!!(インカ帝国初代皇帝)























カーズ。












カーズですよ、みなさん。








究極なんです。






この姿形、神々しさ。まず見た目で土下座したくなります。

これまでの人生の汚れた部分を懺悔したくなります。










では実食です。


この神聖なるチキンを輝彩滑刀のモードで切り取ります。






あ、ちなみに爛漫のチキン南蛮はムネ肉です。

毎日鳥を一羽買いし、丁寧に手作業でさばいているので鮮度がバツグンです。



モモ肉の南蛮は確かにジューシーだけど、爛漫のムネ肉はマジでヤバイので、初心者は是非ムネ肉の南蛮からいってほしいです。











1年間、この日をどれほど待ち焦がれたか……………






僕がブログに爛漫のこと書きすぎるので、読者さんが、金丸さん行ってきましたー、って爛漫での食事のレポートを送ってくることがたくさんあって、ぶっ殺すぞコノヤロウ!!って何度思ったことか。




ついに…………いただきます!!


















「フミ君、久しぶりだねー。元気にしてた?まったく大阪とか東京ばっかりでライブしてこっちでやらないんだもんなー。」



「あ、お兄さんお久しぶりです、マスターもお元気そうで。いやー、宮崎でのライブやってなくて申し訳ありません。あ、ところでトイレお借りしてもいいですか?オシッコが漏れたみたいなので。」








うめえええええええええええええええええええええええあえええええええええええええええええええええええええええ………………………………










本当に美味しいとき、人は叫べない。


本当に美味しいものを食べたとき、人は叫ぶように囁くのだ。







美味すぎる…………………!!!!!!!!!!!!!!!!!!!








こっ、これはああ~っ!
この味はあぁ~っ!


サッパリとした南蛮酢にタルタルの上品な甘みがからみつくうまさだ!!
ムネ肉を南蛮酢がひき立てるッ!
「ハーモニー」っつーんですかあ~!
「味の調和」っつーんですかあ~っ!


たとえるならサイモンとガーファンクルのデュエット!
ウッチャンに対するナンチャン!
高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!

…つうーっ感じっスよお~っ!!



ズビ!!

たまらん!!
















幸せな時を過ごしました。


爛漫。宮崎の至宝。


みんなあんまり大挙したらダメだからね!!


















さて、マスターのパールジャムによって体の全てが一撃で健康になったところで観光に行くぞこのチンカスウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!



宮崎の観光ならあああああああ




この俺に任せとけええええええええええあええええええ








なんでチンカスとか書くんだろう…………


こんなこと書くからアマゾンのアフィリエイト審査落ちるんだよ……………

性的描写が多すぎて……………

















夜には日向に帰るので、行けて3ヶ所がいいところ。

大阪府民である都会っ子のカンちゃんに、宮崎の素晴らしさを教える3ヶ所のチョイス。


これは重要!!!!



さぁ!!行くぞ!!!!!









1ヶ所目


青島












宮崎の観光地といったらまずここ。

ここに行かずして宮崎は語れない。


青島は海に飛び出した小さな島なんだけど、面白いことにその島は熱帯・亜熱帯の植物に覆われた密林になっている。

そしてその密林の中に、朱色の立派な神社、青島神社が鎮座してある。


祭神は天津日高彦。




全島が霊域で、足元は砂浜かと思いきや打ち寄せたサンゴ礁や貝のカケラが広がっている。

島の周りはいわゆる鬼の洗濯岩という宮崎の代名詞である天然記念物に囲まれており、熱帯のジャングル、神話の神社、水平線と奇岩というとても不思議な景観を作り出している。


島には土産物屋さんのある参道を通って橋を渡って行くんだけど、観光シーズンには人力車も出るような人出で賑わう。

































「わー!綺麗ー!晴れててよかったねー!!の鬼の洗濯のやつ、絶対作ったやつやろ?海女さんが夜に並べてるんやろ?」



「違うんだよー。これはね、砂と泥の地層が波に侵食されて出来た天然記念物なんだよー。」



「フミ君なんでも知ってるの!?あー、海きれー。」





































それから神社にお参りへ。



「カンちゃん、何をお願いした?俺は本がたくさん売れますように、外国を安全に旅できますようにってお願いした。」



「私は毎日楽しく過ごせてます、ありがとうございますって言った。神社とかお寺ではお願いをするんじゃなくて感謝をするんやよー。」






そっか。
あんま欲張っちゃダメだよな。















2ヶ所目


堀切峠















「うわああああああ!!!!キレーー!!!!」



日南海岸の入り口、堀切峠。


海沿いの道に出た瞬間、ドワーー!!!っと視界が開け、見渡す限りの水平線がどこまでも広がる。



フェニックスの木や、ブーゲンビリア、夏にはハイビスカスが咲き誇り、この海外沿いは本当に気持ちのいいドライブスポットになる。


ここのドライブインでマンゴーソフトを食べながら海を眺めるのが定番のデートコース!!!





























3ヶ所目!!!!!!

鵜戸神宮!!!













べ、ベタって言わないで(´Д` )

時間ないんだもん(´Д` )

















超王道コースですね。

宮崎来たらみんなこのコースを回ります。

もちろんそれだけ素晴らしいってことです。





日南海岸をくだっていくと、途中にサンメッセ日南っていうテーマパークがあります。

ここには世界で唯一、イースター島の人が認めたモアイ像があります。


マジでちゃんとしたモアイ像。













まぁ本物見たことあるので、入り口にあるモアイと写真だけ撮って、鵜戸神宮を目指す。










しばらく南下して、小さな集落を通り過ぎて海の突端に向かっていくと、そこに鵜戸神宮はあります。





きらめく海の崖の上から参道がのびており、朱色の門や鳥居が青い海にはえて、とても美しい場所です。





しばらく歩いていくと、少し険しい坂道が始まり、海に向かって崖を下っていきます。

巨大な岩がそびえ、波がザバーン!と打ち寄せる凹んだ部分に、鵜戸神宮の本宮はあります。


























断崖のえぐれた内部に隠れるように建てられた社殿はとても神秘的で、神話の国宮崎のムードを演出している。

いつ来ても思うけどかなりのパワースポットだと思う。


主祭神はヒコナギサタケなんとかかんとかっていうややこしい名前の神様。













鵜戸神宮はその威容とパワースポットというだけで参拝に行く価値があるけども、俺がいつも友達を連れてくるのはもうひとつお楽しみがあるから。




それが運玉投げ!!















運、と文字が彫り込まれた素焼きの玉を、海に浮かんだ大きな岩の上にある水の張った窪みに向かって投げ、見事入ったならばハッピーになれるという子供だましみたいなアトラクションなんだけど、これがまぁ楽しい。




しかも男は左手、女は右手で投げないといけないというルールがあり、結構距離もあるので難しい。


俺はいつも10個投げて1つ入るか入らないかくらい。



というわけで今年の運勢を占うぞ!!!!!!



















「よーし、じゃあ私から投げるねー。」



「ははは、カンちゃんはまぁちんちくりんだから20個投げて1つ入ればいいくらいじゃないかな。まぁカンちゃんが入れられなかった分は俺がキッチリ入れてあげるから心配しなくてい、」



「いやああああああ!!!やったああああああああ!!!!!」









1投目で入るカンちゃん。


本当この子は神様に好かれてるなぁ。




















というわけで宮崎市内から行けるこれぞ宮崎という観光地トップ3、みなさんも是非遊びに行ってみてください。

できれば晴れの日に。
晴れの日の日南海岸は最高ですから。






















観光を終えたら一路、日向に向けて車を走らせる。

今夜はこのまま実家に帰ってご飯を食べて、明日また違うところに観光に行く予定。


ハンドルを握る俺の横でカンちゃんがせっせと髪の毛をいじったり顔を整えたりしている。





「ちゃんとしなきゃ。ちゃんとしなきゃ。あー、この髪型じゃあ派手かなぁ。この服でいいかなぁ。」






実家に来るってことは、当然親に会うってこと。

彼女を紹介して、カンちゃんは親に挨拶をしてくれる。


別に結婚の挨拶ってわけじゃない。

恋人を連れて行くだけのことだ。




でもやっぱりカンちゃんはめちゃめちゃ緊張してるみたいだ。




「あーもう無理、無理だー、緊張しすぎて吐く!!」



「そんな緊張しなくてもいいよ。普通よりも優しい親だと思うよ、うちの両親は。」



「でも怖いー!!」



「やっぱりアレなの?お皿洗いますーとか、洗濯物たたんどきましたー、とかそういうのでデキる彼女アピールをするの?」



「いや、ダメ。最初からそんなことしたら厚かましい。女の人は台所に入ってもらいたくないし、洗濯物もその家のたたみ方があるし、最初のうちから出過ぎたマネはしたらダメなの!」






女の子は大変だなぁ。



まぁ俺もカンちゃんの家に行くとなったら多分リアルに吐くか。




































家に着いてドアを開けると、すでに鍋の匂いがしていた。

緊張しているカンちゃんを連れて家に入ると、お父さんもお母さんも笑顔で迎えてくれた。



こうやって人を紹介するとき、うちの親は本当に柔らかい。




面白くてよく笑うお母さん、ニコニコしてお酒を飲ませてくるお父さん。
なんとも平和な家庭。




「ほら、怖くないやろ?」



「う、うん、あ、これつまらないものですが………」





大阪土産を持ってきてくれたカンちゃん。



「面白い恋人じゃないの?どうもー、面白い恋人ですーつって。」



「そんなこと絶対できない!!私面白くないもん!!」
















お父さんが作ってくれていた金丸家特製水炊きをテーブルに運ぶ。

席に用意されていたのは、普段見ないちょっといいグラスだった。








乾杯をして、いっぱい食べて、たくさん喋って、たくさん飲んだ。


とても暖かかった。














日本出発まであと少し!!

というわけで1月25日(月曜日)に、旅出発前の飲み会したいと思います!!

誰でも参加オーケーです!!

場所は東京三軒茶屋のバー、四軒茶屋です。

20時から飲み放題、軽食付きで3000円です。

東京で遊んだみんな、しばらく日本離れるので飲もう!!!






岩国ライブ、詳細発表!

最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

日本最後のライブ、共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


金丸文武
プロフィール
宮崎県出身。路上演奏の稼ぎのみで日本一周、世界一周を達成。今も世界のどこかを放浪中。

kanemarufumitake

Author:kanemarufumitake
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
世界中のホテル予約はこちら!
家族旅行もバックパッカーも!!
広告!!!
本:世界の路上で生まれた奇跡
金丸文武著 好評発売中!!! 金丸文武著 好評発売中!!!
CD:アンダルシアの風
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
楽天なら何でも揃う!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。