可愛い人

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月22日(金曜日)
【静岡県】 浜松市







梅田から門真を通って木津川。
















川沿いに笠置を越えて伊賀に入り、上野城を横目に走って名阪国道に乗る。





























あとはこのままトラックたちと爆走して四日市まで行って、そこから国道23号線で名古屋から豊橋。


豊橋を過ぎたらもう楽勝。


高速道路みたいな国道1号線でかっ飛ばすだけ。











大阪と東京を結ぶこのルート。


もう何回この道を走ったことだろう。





この道を走って知らない人に会い、懐かしい人に会い、過去と未来を行ったり来たりしていた。





今も思い出せば疎遠になった人や、喧嘩した人の顔をなんとなく思い出すことができる。

みんな元気にしてるかな。

きっと変わらず生きているんだろうな。









いつか落としたものを拾い集め
気がついたらそれはまったく違うもので
仕方なくそれを大事にする

雲はポカポカと浮かび
憂鬱を吸い上げて流れ
風の手紙になってくれるか













ていうかなんの工場だろう……………































名古屋を過ぎたあたりで、メールをいただいていた女性に連絡した。


リコーダーをお送りしたいです!という連絡をいただいていたんだけど、せっかく近くを通るので直接お会いしましょうとメールしていたのだ。










直接お会いすることにやましい気持ちなんて決してありませんよ。


あるわけないじゃないですか。






そう、ただそのレミさんのフェイスブックのトップ写真がスノーボードをしてるところなのでおそらく活発でキビキビした女性で、たぶん黒髪ロングで、カッコよく滑り降りてきて冷えたほっぺたがほんのり赤くなってコーヒー飲む?それとも紅茶?ってナイターの照明に照らされながら言う君が眩しくてゲレンデが溶けるほど恋したい!!









超ドキドキしながら豊田市の手前あたりのコンビニでレミさんが来るのを待っていると、向こうの方からとても素敵な女の人が小走りにやってきた。




「あー!金丸さんー!!初めまして!!ブログ読ませてもらってますー!!」




お会いしたレミさんはイケイケのスノーボードガールって雰囲気ではなく、とても上品な年上のお姉さまって感じだった。美人さん!!目が色っぽい!!!


聞けば結構大きなお子さんがいるとのこと。






ママ友会とかしてそう!!!

ママ友会と合コンしたい!!!


う、嘘!!ごめんなさい!!!









「金丸さん、急に集めたから6本しか集まらなかったです。もっといけたんですけどすみません。」



「お1人で6本はすごいです!!本当にありがとうございます!!!」



「金丸さん、今日はお忙しいんですよね?」



「あ、はい、今から静岡まで走って夜は路上する予定なので。」



「そうですか、じゃあまたいつかお酒ご一緒しましょうね。名古屋で待ってます!」



「よし!!わかりました!!今夜の静岡はオール無しです!!今すぐ飲みに行きましょう!!!!何がいいですか!?やっぱ手羽先ですか?!コートの上から抱きしめといてちょっと太ったなんて言わないで!!」



「じゃあインド頑張ってくださいね!ブログ見てますから!!」



「あああ!!夜のワンエイティイイイイ!!!!」










とても清楚な奥様でした。

レミさん、リコーダー本当にありがとうございます!!


帰ってきたら手羽先行きましょうね!



































それから豊橋を越え、快適に1号線を走っていく。


ちょっと用事があり、静岡市にあるカッピーの実家に寄って頼まれていたものを積んで行かないといけない。



そしてそのままどこかで路上。



今夜は金曜日だ。キチンと稼がないといけない。









なのだが、静岡にはもう1人会いたい人がいる。



浜松の高橋さん。


旅仲間のアツシ君つながりで仲良くさせてもらっている高橋さんとは、去年何度も飲んだ。

世田谷のライブにも来て下さったし、カンちゃんと高橋さんのお宅に遊びに行ったこともある。



お酒が大好きなとても素敵なご夫婦。




この大好きな高橋さんにもう一度会いに行きたかった。








しかし高橋さんの家に寄ったら静岡市のカッピーの実家に行けなくなってしまう。


あんまり夜遅くに行くことはできない。



高橋さんのところにはちょこっと顔だけ出して挨拶して、すぐに先を急がないといけない。








それに明日のお昼には横浜で人に会う約束がある。


夜のうちに走ってなるべく横浜に近づいておきたい。






そうだな、よし、やっぱり高橋さんのところには挨拶だけしに行ってすぐに走ろう。


浜松の町に入り、高橋さんの家に向かった。

















「おおー、久しぶり。いやー、今日は奥さんが飲み会に行ってるから1人で寂しくやってたんだよ。はい、グラスはこれでいい?」







2秒で酒を飲ませようとしてくるお酒大好き高橋さん。

















「あ、高橋さん、ぼ、僕今日はまだ走らないといけないからお酒やめときます。」



「え?なんだよー、飲めないの?おいおいー、残念だなー。そっかー。飲めばいいじゃん。」



「い、いや、明日のお昼に横浜なので……………」



「泊まっていって朝イチに出たらいいじゃん。6時間くらいのもんだよ。朝の7時に出たら楽勝だよ。」



「い、いや本当、今日は金曜だし路上を……………」





























「いやー、ほどほどにしようね。また前回みたいに二日酔いになったら大変だからね。ほどほどにしよう。」



「ちょ、ほどほどとか言いながらワイン2本目じゃないですか!!」



「え?なにが?」










キョトン顔。










可愛いなぁ、高橋さん。














カッピーの実家で荷物を積まないといけなかった件は、別に急ぎじゃなかったからいいよーとカッピーが言ってくれた。


大切な人との時間を優先して、それがフミ君だから、とも。


カッピー、ありがとうね。



















「いやー!高橋さんは世界の高橋だもん!!ヤバイです!!」


「金丸君こそ世界の金丸だよー。俺なんか全然だよー。」





ずっとヤマハで働いてきた高橋さん。

高橋さんの仕事は俺たちミュージシャンが使っている機材の製作だ。


ヤマハの卓や音のサンプルを使ってる人は、ほとんどの人が高橋さんの恩恵にあずかっていると言っても過言ではない。



間違いなく世界の高橋。



そんな高橋さんと飲めて本当に嬉しい。

















座布団を並べて毛布をかぶる。

酔っ払って気持ちよく眠りに落ちた。



あー、明日は朝からかっ飛ばすぞ。














日本最後のライブ、詳細発表!


大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


旅に必要なあれを購入

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月21日(木曜日)
【大阪府】 福島






「カンちゃん、体調どう?大丈夫?」



「うんー、昨日よりはいい。でもちょっとだけしんどいかなー。」






カンちゃんがゆうべから体調が悪いと言っていた。

頭が痛くて節々が痛いといったらどう考えても風邪だ。


ゆっくり寝たらだいぶマシにはなったみたいだけど、やっぱり少ししんどそうだ。






「今日の戸田大地君のライブはやめとこうか。」



「うんー。フミ君は行ってもいいよ?」



「病気のカンちゃんを置いていけない!今日は2人でゆっくりしよう。」



「いやっふー!!」





東南アジアのラオスで赤痢にかかって死にかけた時、カンちゃんはずっと俺のことを看病してくれた。

あの時はまだただの旅仲間だったのに、今こうして一緒にいられていることがなんだか不思議だった。























2人で朝ごはんを食べ、事務作業に没頭。


パソコン関係の整備がまだ全然たまってるんだけど、今日中に日曜日のライブで使う写真のピックアップをしないといけないし、大事な手紙を書かないといけない。



やることが多くて頭がパンクしそうになりながらも、カンちゃんに手伝ってもらってコーヒーを飲みながら作業した。







カンちゃんは信じられないくらいパソコンが上手だ。

コピーペーストをマウスを使わないでキーボードでやってしまうという天才!!

HTMLもヨユーでいじくりまわせる。





「なんなの?ねぇ?天才なの?キューピーマヨネーズなの?」



「天才ちゃうしー。こんなん誰だってできるし。キューピーちゃうもん!!」















そうこうしているとだいぶ時間も経ってしまったので、少し出かけることに。



役所で手続きがしたいというカンちゃんを福島区役所に連れていき、それからホームセンターへ。



今日探しているのはキャリーバッグと台車。












俺は重いバッグパックをかつぐよりも断然キャリーバッグ派。

若い頃からバッグパックを担ぎすぎて肩の感覚がなくなってる部分があるし、腰もだいぶやられている。



キャリーバッグは階段の時とかには不便だけど、まぁ常に何十キロも背負ってるよりかははるかにマシだ。







前回の世界一周の時に使用したキャリーバッグは5台。

なんでそんなに入れ替わりしてるかというと、すぐ壊れるから。


空港とホテルを往復するだけではなく、毎日路上場所や野宿場所を探してかなり歩き回るので消耗が激しいのだ。






そしてキャリーバッグで1番最初に壊れるのはタイヤ。


すぐタイヤのゴムがとれたり、ホイールが外れて擦れて重くなる。


擦れて回らなくなったタイヤのキャリーバッグはマジでやってらんなくなるほど重い。





なのでタイヤが壊れるたびに新しいキャリーバッグを買っていたんだけど、でもよく見てみると壊れてるのはタイヤだけで他の部分はまったく問題なかったりする。



というわけで台車だ。





キャリーバッグをさらに台車に乗せる。

これならタイヤが壊れるたびにバッグを買い直す必要もない。



この技も前回の一周中にあみだしたものだ。


















そして見つけたのがこの台車。

1500円で、30キロ対応!!

タイヤも大きくて、これならなかなか壊れないぞ。






あー、準備が整っていくなー。

あと何が必要だったかなー。




あの灼熱の中米を死にものぐるいでキャリーバッグを引き、言葉の通じない町で洪水みたいな人々にもまれていた。


汗臭い体にシャツがはりついて、ギターを持つ右手は皮が厚くなってゴツゴツしていた。





思い出そうとするときの記憶はいつも淡いけど、ふとよみがえる時の風景は匂いまで伴って鮮明だ。



















梅田のヨドバシカメラの中で、マジでなんでもある!!半端じゃない!!と大はしゃぎしてから福島に戻り、カンちゃんの体調も良さそうだったので、晩ご飯は焼き肉にすることに。


福島の好きな焼き肉屋さん、浦江亭で2人でゆっくりお肉をつついた。





あー、こんなお肉ももうすぐ食べられなくなる。

今のうちに日本の大好きな食べ物を食べ納めしておくぞ。








インドでは目標マイナス5キロ!!

今61キロ!!人生で1番デブ!!




この醜い体をしぼるにはインドはもってこいですね。


な、なるべくなら下痢以外の方法で痩せたい………………










あと髪の毛もインドで切ろうかな。

ボロボロの店とかより、もうもはや路上でやってる人に切ってもらおうかな。


やっぱり結構怖いけど…………………










あー、インドが近い。








ところで!!

ホームページのコンタクトから、僕のGmailにご連絡を下さる方がいます。

とても嬉しいことなのですが、そのメールに対して返信をしたらエラーで届かないことがあるんです。

おそらく迷惑メールとかのセキュリティを強くしててブロックされてるんだと思います。


返信してるのにこのブロックのせいで無視してるみたいなことになってなかなか残念です。


そ、それとも俺のメールは迷惑メールと同レベルにけがらわしいのか!?







もしGmailでご連絡を下さるときはなるべく返信を受け取れるようにしててくれると助かります(´Д` )

それかフェイスブックなら確実です!



よろしくお願いします!









日本最後のライブ、詳細発表!


最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


クリックしてー!って難しいことですね、

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月20日(水曜日)
【大阪府】 福島








鬼のように寝ました。








ちなみに僕は仰向けで寝ます。

うつ伏せで寝るとアゴが歪むらしいですね。


逆に僕は絶壁です。よく寝る子すぎて。



















あー、やっと起きる時間気にせずにゆっくり眠れた。




次の予定は土曜日の横浜。

日曜日に品川でライブ。

月曜日に三軒茶屋で飲み会。


車を東京に置いたら、そのまま高速バスで大阪に戻って、いろいろ準備して山口のライブに行って、その3日後にはフライトだ。





こ、怖っ!!!!!!


ええ!!!!もうすぐやし!!!!!

もうすぐインドやし!!!!!!!!

















いきなりインドとか怖すぎるわ……………



どっかタイとか挟めたらいいんだけど、日本からいきなりインドってあまりにも変わりすぎて普通にボッタクリに遭いそうだ。






ああ、牛怖いよ……………


耳かきする?とか言ってくるオッさんにちゃんと断れるかな………………









また下痢になってこんな感じになるのかな…………………


















準備、全部整ったかなぁ…………



いや、まだいろいろやることはある。


前回の出発の時って、こんなに忙しかったっけ。






あの時はもっとサラッと出たような気がする。



でも今回はリコーダーの件も含めて色んな人に協力してもらっての出発だ。

そんなにサラッとは出られない。




人間関係が増えるほどやることは山積みになるけど、その全てに感謝しないとな。

俺1人でやれることなんてたかがしれてる。



























今日はやっと何もない1日なので、ひたすら日記書きとブログの更新、その他片付けないといけない事務仕事を黙々とやった。


アフィリエイトなんだけど、前回、もしよかったらクリックよろしくお願いします!ってブログに書いた広告。







これですね。








この記事の上にある広告。








こいつをクリックすると僕に数円入ってくるわけなんだけど、実際やっぱりあんまり押してくれる人は少ないです。

面倒くさいですよね。



やっべぇ!!

2億回くらいクリックしてもらったら1回1円でも2億円やしやべぇ!!!って思ってたけど、現実は数十回です。


























いや、これでもすごいもんだと思います。



まだシステムがよくわからないけど、一応1回のクリックで4円くらいもらえるみたいです。



でも10回クリックしてもらえても40円です。



月に1200円。


年に15000円くらい。





ただブログ書いて、これだけもらえたらまぁ悪くはないです。



これが少しずつ増えていったらブログを書くモチベーションにもなるだろうなぁ。


っていう、もっと押して!っていう巧みなアピール!!!
















1番下にあるアゴダの広告はまだ変化はなしです。


ご旅行の際、この広告からサイトに入ってもらって海外、国内のホテルの予約をしてもらうと僕に何パーセントか入るって仕組みなんですけど、まだ誰も予約してくれてないのでこれで合ってるのかわかんない。


ちなみにこっちはクリックだけではお金は発生しません。








まぁのんびり行こう。



アフィリエイトを目指してる人の参考になるように定期的に収入とか書いていきますね!


あと詳しい人がいたらコツとか教えてもらえると嬉しいです!!!


















てなわけでラーメン。












野田阪神にある「いちまるラーメン」。

たまに行列できてるから気になってたんだけど、















うん、美味しい!

いやー、福島区は美味しいラーメンの宝庫だなぁ。











明日も事務作業やって、夜は音楽仲間の戸田大地君が大阪でライブやるみたいだから見に行こうかな。



今日の日記は短いけどこんなもん!!















日本最後のライブ、詳細発表!


山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村



三田という名の天国

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月19日(火曜日)
【兵庫県】 三田市









とぅるるるるるるん!!








とぅるるるるるるん!!!!!














「もしもしー……………」




「あ、金丸様のお電話ですか?こちら愛媛南海放送です。本日のお電話でのラジオ出演よろしくお願いします。では本番の流れなんですが、まずご紹介をいただいてから……………」








ね、眠すぎる……………



昨日、別府から16時間という運転でやっとの思いで大阪まで走ってきた。



幻覚見えそうになって、眠気を覚ますためにウェルカムトゥザジャングルを声が枯れるほど絶唱し、なんとか深夜の3時過ぎに大阪に到着して寝たの4時過ぎ。





朝の情報番組はきつい……………


目が開かん………………





でもラジオの生電話だ。なんとか話さないと。









本当は布団の中で寝癖ボサボサのかっこうなんだけど、5時に目を覚まして10キロのランニング終わらせてパワーブレックファーストを食い散らかしてなんなら今現在立ちバックしてますけど?みたいなハツラツとした声で喋ろうと試みる!!






「えー!本日は1月のパワープレイCDのアンダルシアの風を歌ってらっしゃる金丸文武さんとお電話が繋がっております!!金丸さ~ん!おっはようございま~す!!」



「お……お……おっぱい……じゃなくておはようございまむにゃむにゃ……………」



「今愛媛はすごく寒いんですけど大阪はどうですか~!?雪は降っていませんか~!?」



「カーテンに手が届かないのでわかりません……………」









出演時間は5分ほど。

DJの熊本フミさんはやっぱりお喋りがめちゃくちゃ上手!!

本当に楽しく出演させてもらえる!!


でも今日はフミさんのいつもの元気ハツラツな声じゃなくて、囁くような優しい声が聞きたかったな!!枕元で!!金丸くん、起きて、ゆうべ素敵だったよ………つって!!

嘘です!!ごめんなさい!!フミさんファンに殺される!!!!







フミさん、いつも本当にありがとうございます!!!!

寝起きの情けない声ですんませんでした!!



















さて、フミさんのモーニングコールで目が覚めたのでそのまま日記書きに没頭。


宮崎では毎日人と一緒にいたので日記がまったく書けてなかった。


思いっきり集中して何日分も書いて追いつきたいところだけど、今夜はライブ。


準備をしないといけないので、日記もそこそこに車で練習と声出しをした。








いやー、やっぱり車があるとすぐに声出しが出来るから助かる。

思い物販の荷物も運べるし、野宿場所を探す必要もない。


たったの5ヶ月しか乗ってないけど、もうすっかり体の一部みたいなもんだ。




ずいぶん助けられたこの車とも、もうすぐオサラバか。






















昼すぎになったら仕事を終えたカンちゃんと合流して、電車で三田に向かった。



暖冬だったはずの今年だけど、昨日から一気に気温が下がってビュウという川風が吹くたびに震え上がるほど寒い。



大阪でこれだと三田だとさらに寒くなる。


三田は神戸の山手よりもさらに北に行ったところにある町。

神戸までほんのすぐの所なのに、ここは山に囲まれているため雪が降る。


今夜の天気予報は大寒波の影響で思いっきり降雪だ。おそらく路面も凍結する。



すでに今夜のライブに来るはずだったお客さんから、帰りが心配だからということでキャンセルをされている。




仕方ないことだけど………よりによってこのタイミングで大寒波。

いやー、楽しませてくれる。





















電車は梅田経由であっという間に三田に到着。

田舎ではあるけど、神戸や大阪のベッドタウンなのでマンションが多く、駅前はそれなりに近代的な歩道橋がのびていた。



ここで待ち合わせしているんだけど……………っていうか寒い!!!!


三田寒い!!!



大阪よりも明らかに気温が下がって、駅の構内から出たくないほど。

カンちゃんも横でプルプル震えている。







うぅぅ………………早くどこかに入りたい……………






「あ、金丸さん、どうもどうも。三田によう来てくださいました。」



「金谷さん!!どうもです!!!!三田寒いです!!」



「あはは、ですよね。ほなこっちです。」






待ち合わせしていたのは三田にお住いの金谷さん。

ずっとブログを読んでくださっていたかたで、帰国してすぐの大阪でのライブに来てくださり、東京世田谷のライブにも、この前の神戸のライブにも来てくださった男性だ。


体格が良くてオシャレで、ぱっと見、ワイルドでイケイケな感じのお兄さんなんだけど、笑顔の素敵な優しいかただ。


今回のライブも金谷さんがセッティングしてくださった。








このライブの話が出たのはこの前の神戸の時。


俺がリコーダーを集めていることに協力してくださり、金谷さんも知人からリコーダーを集めてくださっていた。


三田に取りに行かせていただきます!!と言うと、じゃあどうせなら来た時にライブもやってまいましょーという流れ。




日本を出発するまで今日くらいしか日程が空いてなかったのでかなり強行的に宮崎からかっ飛ばしてきたというわけだ。



金谷さんもこのライブが決まってから1ヶ月もない中でたくさんのお客さんを集めてくださり、素敵なチラシも作ってくださり、本当に尽力していただいている。



ただ、好きで旅をしてる男が、あれしたいこれしたいと言っていることにこんなに協力してくださって、マジで感謝の言葉もない。



俺にできる精一杯のライブをやるぞ。



















「じゃあ、先に腹ごしらえしましょうか。こっちです。」



金谷さんについていくと、駅前のオシャレな飲食ビルに入った。

2階のワインバルのドアを開ける金谷さん。





おお、こ、こんな素敵なところでお食事なんて嬉しすぎる、と思ったら…………………












三田の男はマジですごかった。













店の奥のドアを開けると個室になっており、テーブルにコンロと鍋が置いてあった。


ワインバルで鍋?

なんだ?




「金丸さん、ブログですき焼きが好物って書いてはりましたよね。せっかく三田に来たんです。三田牛を食べてもらわなあきません。」












………………………………………………………………











































「金丸さん、どうですか?三田牛は?」



「金谷さん…………………」



「どないですか?味つけは大丈夫ですか?」



「…………………肉を口にした瞬間、射精していたんだよ私は!!!」










もうね、ジャック・リー・ビオンデ。



ジャック・リー・ビオンデにしかなれない。







なんなの…………………?


実年齢97歳ってなんなの?



財宝発見しちゃうの?


死ぬの?














今までの人生が肯定されます。

生きてきて良かったって思えます。





マジで死ぬほど感動した!!!!!!!!!

三田牛のすき焼き、マジでウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラウルトラ






美味すぎる!!!!!!!!!!!!








「ぎゃああああああああああああ!!!!!!!!!!金谷さん!!このあたりにタトゥー屋さんありますか!?ちょっと今から背中にタトゥー入れてきます!!!三田牛って!!!!」



「美味しいいいい!!!!なにこれなにこれ!!!美味しすぎる……………」



「ははは、喜んでもらえて嬉しいですよ。三田ではすき焼きがすごくメジャーで、どこの家庭もよくすき焼きをやるんです。昔ながらの三田スタイルは、三田牛とマツタケだけ。これしか入れない。それが三田のすき焼きのやり方なんですよ。」



「よおおおおおおおおおしいい!!!!!!今すぐ役所に行って転入届けもらってきます!!!」



「こうやって、あんまり具材を入れ過ぎないんです。ドサッて入れないで、少しだけ入れて、それを食べてまた1から作るんです。」



「そういうのマジで好き!!!!焼肉も1枚ずつ焼くのが好きなんです!!!!1度にドサって焼かないで!!!!あああああ!!!!今度から三田(サンダ)のことをミタって読むやつがいたらマジソッコー木刀っす!!」


















至福です。



金谷さんのお友達のみなさんも集まってきてどんどん賑やかになり、もう美味しすぎて、ライブとかやらないでこのまま飲みませんか?って言いかけたら、俺が言う前に金谷さんが、それ言ったから、マジ一生ついていきます!!!って言いかけたけど、ライブはしますよ………………



え?イヤイヤじゃないです。


喜んでやらせてもらいます!!!!





「ていうか、ここワインバルですよね?ワインバルですき焼きって……………」



「あ、これ全部僕の持ち込みですよ。ここのお店、僕が作ったんですよ。だから結構自由に使わせてもらえるんです。」







建築のお仕事をされている金谷さん。

設計図も書くし、ご自分で施工もする。


地元である三田でたくさんお店や住宅を手がけている人なんだそうだ。



「すげぇ!!金谷さん、僕いつかゲストハウスやりたいんですけど、その時は改修とか相談させてください!!」



「やりましょうやりましょう。みんなで話し合って、自分でやれるとこは自分たちでやって、水回りとか最低限のとこは職人さんにやってもらって。そういう仕事が面白いですからね。」







いやー………………素敵すぎる…………


金谷さんにお会いできてよかった………………




















三田牛でワインに突入したいところだったけど、これ以上飲んだらさすがに歌えなくなるので、ちゃんとセーブしてご飯は終了。


そして移動してやってきたのは、郊外にある小さなバーだった。














お店の名前は「ニューオリンズ」。


小ぢんまりとしたアメリカンな雰囲気漂うバーで、戸棚にはたくさんのボトルが並んでいる。


おお………こりゃいい雰囲気だ。


















すき焼きが楽しすぎて遅くなったので急いでセッティングをし、音出し。


音出ししてるうちにオープン時間になってお客さんがやってきてしまった。


俺のお客さんも来てくださったので、あれよあれよという間に店内は満席に。


こんな寒い日に本当にありがたい。














ライブはとてもアットホームで楽しいものになった。


前半後半に分けてトークもしながらたくさん歌わせていただくことができた。


みなさん素敵な人たちばかりで、お酒の力もあってスラスラ喋りまくった。








そしてここでまた三田の人のパワーを見せつけられた。





アミーゴさんという男性が大きなカバンを持ってきて、お店の真ん中でそれを開くと、中には半端じゃない数のリコーダーが入っていた。



その数、なんと45本!!!!



金谷さんたちが集めていたのも合わせると、全部で55本!!!



しかも鍵盤ハーモニカも数台ある!!!!!








「す、すげぇ!!!!今日だけでこんなに集まるなんて!!!!もうほとんど目標の100本を達成だ!!!」



「金丸くん!!もしインドで他にも必要なものがあったらいつでも言ってや!!服でも靴でもなんでもかき集めて送るから!!俺らは日本でできることをやらせてもらうから!!」



「熱すぎる!!!三田の男カッコよすぎる!!!アミーゴさんありがとうございます!!」



「まぁアミーゴさんは丹波の人やけどな。」



「丹波ええとこやで!!」






















マジで震えた。




ひとつの町で55本。







このリコーダー集めを初めて何ヶ月か経つけど、まだ15本くらいしか集まっていなかった。



ブログで呼びかけてはいたけど、それだけではなかなかくれると言ってくれる人はおらず、100本はさすがに無理かなぁと思っていた。







なのに、ここでまさかの、こんな大逆転が待ってるなんて。




まったくノーマークだった三田でこんなに集まるなんて!!!!!!



三田の人たち、マジでマジでマジでウルトラ優しすぎる!!!!!!







こんなに人情があって、温かくて、熱くて、


もう、マジで三田に着いてから感動しっぱなしだよ……………………


































「よし、ほな打ち上げ行きましょう。」





打ち上げ会場の居酒屋さんもまた金谷さんが手がけた店舗で、2階にプライベートな隠れ部屋があって飲み放題のセットが全て揃っており、自分たちで好きに飲める仕組みになっていた。



まさに地元の人たちの遊び場。

大人の秘密基地。

















美味しい料理を食べ、飲みすぎてノックダウンしないようにほどほどでお茶を飲み、たくさんお話をして、大笑いして。

















打ち上げが終わり、店を出て駅まで送っていただいたんだけど、三田は夜になって気温がグッと下がり、すでに氷点下になっていた。



張り詰めた空気がピシッと立ちこめ、鼻と耳がすぐに痛くなった。




寒い。







でも心はこれ以上ないほどに暖かかった。


こんなに最高の1日、そうそうない。



飛び上がって大声出したいくらい嬉しくてしょうがなかった。











金谷さんと別れ、電車に乗り込む。


大量のリコーダーは、実際持ってみるとあまりにも重すぎたので、後日大阪に送っていただけることになった。


歌わせていただいて、ギャラもいただいて、あんなに美味しい三田牛のすき焼きを食べて、カンちゃんのこともみんなで受け入れてくださって…………………





感謝してもしきれない。


金谷さん、松尾さん、梅沢さん、アミーゴさん、三田のみなさん。




この想い、絶対に絶対に無駄にしません!!!!!!





最高の1日をありがとうございました!!!!!













日本最後のライブ、詳細発表!


最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村





車がちょっと壊れる

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月18日(月曜日)
【大阪府】 福島







車の中で目を覚ます。







昨日の体調の悪さは……………うん、大丈夫だ。






これなら長時間運転もできるぞ。







すぐに車のエンジンをかけて出発!!!!
































って、あれ?













な、なんでこんなところに来てるんだろう……………











「さぁて金丸さん。この前のリベンジしましょうか。」














あ、アツシ君(´Д` )







そう、前回の別府で高崎山に行き、猿が何十頭も股の間をくぐってくれたというのにひとつも当たらなかったスクラッチ。


ゆうべアツシ君がリベンジしましょう!!とノリノリで言っていたのだ。





「あ、アツシ君って結構熱くなるタイプなんだね……………」



「彼女が来られなかったので彼女の分も僕がやります。さぁ、目指せ100万円ですよ!!」






というわけで前回のお猿さん効果を今ここで発揮させてやるぞ!!!!

リベンジ!!!!!!



















今回のスクラッチはビンゴタイプ。

縦横斜めに柄が揃えば当たりというわけだ。









まぁまぁ、そんな簡単に当たるわけないよなぁ。

俺宝クジとか全く買わないし、現実派ってやつ?6000円で世界一周行くとか頭おかしいの?って言われるけど、これでもちゃんと勝算があってやったことっていうか、宝クジとかそんなもんに夢見る時間があったらゆまちゃんにファンレター書くほうが現実的っていうか、













ああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!





うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!


















って、当たるわけないです。



いつものパターンですよ。






























「……………………え……………………ウソ………………………」



「か、金丸さん!!!揃ってる!!!!揃ってますよ!!!!」



「あ、あはは、いやー、ゆまちゃんのファンレター書かなきゃ、ファンレターに書いてついでにいろんなところカカなきゃ。かかなきゃあああああああああああ!!!!!!!ゆまちゃんと正常位いいいいいいいいいい!!!!!!!」





















アツシ君、ひとつも当たらなくて若干気まずい。











「な、なんでひとつも当たらないんだ……………金丸さんばっかり………………」



「アツシ君、まずは般若心経を暗記して心の中で唱えるところから始めなきゃいけないね。欲を捨てることが肝心?っていうかー、あー、俺って無欲ー。あー、ボランティアしてー。」







って当たったの3000円だけどね。

そのお金で2人でご飯食べに行って、釈然としない顔のアツシ君を家まで送っていった。
















アツシ君は今年車を買って日本一周の旅に出るらしい。

もちろん彼女と一緒に。


そしていい場所が見つかったらそこで暮らし、見つからなかったら別府に戻ってくるという。

ロマンチックで、自由だな。やっぱアツシ君は根っからの旅人でミュージシャンだよ。





アツシ君、またどっかで会おうね。

その時はまたスクラッチやろうな!!

ありがとう!!!




























というわけで出発!!

明日のライブは兵庫県の三田市。

今日のうちに関西まで行っておきたい。






アクセルをふかして北上し、関門トンネルをくぐって九州とおさらば。

九州ありがとう!!

また帰ってくるから!!!!





































国道2号線をブンブン飛ばして山口、広島と進んでいき、時間はあっという間に夜。


別府から大阪までは650キロ、下道だと14時間というアホにもほどがある距離。


ご飯も少しでも時間を短縮するために移動飯だ。















さすがに疲れてきて頭はクラクラするし、腰は痛いし、意識が朦朧とするけど、アカペラでガンズアンドローゼスを絶叫しながらアクセルを踏む。




「ウェルカムトゥザジャングウウウウウウウウウウウル!!!!!!!!!シャナナナナナナナニイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!!!!」





アクセルローズでアクセル全開いいいいいいいいいい!!!!!!!!!


ついでにあの子のジャングルにもシャナナナフオオォォォォォオオオオ!!!!!!!!!!!













1人で車運転して疲れてくると、こういった感じで精神が崩壊していきます。


ほへぇえ!!!!トイレ行きたいいいいい!!!!じゃあもうペットボトルにしちゃおうかなああ!!っていうかペットボトルにチンチンはいらないよねぇええ!!!!

いや入るやろ!!小さいから!!!ぶーマジウケる!!!!






っていうのを運転しながら全力でひとり芝居します。そして恥ずかしくなります。



あー!!眠い!!!!!







「お、音楽、音楽なんかかけよう!!えーっとCDCD……………CDが剛兵太しかない!!!!」




い、いや、剛さん好きなんですけどね………



































暖冬暖冬と言われていたのに、今日から始まったらしい大寒波のせいで広島では大吹雪で前が見えなくなり、岡山でも大雪でえらいことになってきた。

こいつは寒い。











ていうかですね、今日別府を出発してすぐの段階で大変なことが起きたんです。











寒いのでエアコンをつけようとツマミをひねったらですね、






















取れやがった。






バキッつってツマミがぶち取れてはまらなくなってしまった。

しかも風量が全開の状態。




「アツッ!!暑い!!足が熱いよお!!」




熱風がブオオオオオオ!!!!とマックスで吹き出していて足元だけ灼熱。



運転しながらパニックに陥り、どうにかしなきゃ!!!止めなきゃ!!とお風呂セットの中に入っている毛抜きでつまんでツマミを回そうとするが、なかなか固くて思いっきりひねったら毛抜きが折れ曲がった。












「にゃああああああああ!!!!!熱いよおおおおあお!!!!!!!」







というわけで今日、走ってる間、ずっとエアコン全開。

シュゴオオオオオオオオオ!!!!!っていう音で車の中が超うるさい!!!!










おかげで大寒波の寒さをまったく感じないまま、なんとか兵庫県に突入。

ウェルカムトゥザジャングルを200回くらい歌い終えたころ、夜中の3時を過ぎてやっとのことで大阪に到着した。



ああ…………つ、疲れた…………足が熱い……………





明日は朝イチで四国の南海放送ラジオさんの生電話出演があるので早起きしないといけない。


それが終わったら兵庫の三田に移動してライブだ。



うう………ゆっくり寝たい…………

でも気合い!!




日本出発まであと21日!!!












日本最後のライブ、詳細発表!


最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村



さぁ、旅に出るぞ

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月17日(日曜日)
【大分県】 別府市








実家に帰るとお母さんが家の掃除をしていた。




「あんたー、本当に行くとねー。インドって、今じゃないとダメやとねー。」



「うん、元気で自由のきくうちにやりたいからね。後悔したくないし。」



「まぁ前回行ってるから色々わかってるやろうけどねー。はぁあ。」



「それよりお腹すいたからなんか作って。焼き飯がいいな。」



「チキンラーメンはどうね?美味しいよー。」



「………家で最後のご飯よ?」



「はいはい、あー次はどこの山行こうかねー。」















前回みたいにかたくなに反対ってわけでもないお母さん。


なんだかちょっと悪い気がしないでもないのは、やっぱり心配をかけてしまうからだ。




どこまでもお母さんが望むように生きていれば、お母さんは安心できるだろう。

心配をかけてしまうのは、親不孝のひとつだとも思う。





でもだからといって親の言う通りに、いい大学、いい会社、家族を作って立派な社会人っていうレールを進むことが俺自身のやりたいことではなかったんだから仕方ないこと。





親を安心はさせたい。

でも自分のやりたいことと違う。





その食い違いの中での救いは、俺も親も仲がいいってことだ。


お互いに相手を許容することができるから、そんなにぶつかり合いもないし、喧嘩して飛び出したこともない。






よほどの理由がない限り、親のことをひどく言うやつのことは嫌いだ。
例え感情的になっていても、親に対する言葉遣いのなってない人とは友達になりたくない。


親はいつも思いやっていよう。

















しばらくしたらお父さんがゴルフから帰ってきた。


「おう、もう行くとか?」




そう、もう行かないといけない。

今出発したらもうそのまま宮崎には帰らずに大阪から飛行機に乗る。



前回の旅立ちの時は、俺が朝起きたらすでに2人とも仕事に行っていたのであっさりと出発することができた。



でもこうやって見送られるのもなんだかむず痒い。

別に死にに行くわけでもあるまいし。






「じゃあ行ってくるから。ていうか2人が外国に会いに来なよ。案内するから。」



「まぁ考えとくわ。はいはい、気をつけてね。」






アクセルをふかしハンドルをきった。

バックミラーに家が遠くなる。




出発なんだ、と胸が苦しくなった。








































土砂降り雨が国道を叩いている。

前回の出発の時も連日の雨だった。


あの時は雨が止むのを待つしかなかったけど、今はこうやって車で走ることができている。




通り過ぎる日向の町並み。

いつも、旅に出る前に住み慣れた町を離れる時、胸が苦しくなる。

まるで恋のように切ない気持ちで満たされてしまう。



友達も家族も恋人も町も、体の一部となった馴染んだものと引き剥がされる時、こんな気持ちになってしまう。









うわー、俺また行くんだなぁ。

どうしてこんな流れになったんだろうなぁ。


自分で決めたことだけど、こんな展開になるなんてまったく予想していなかった。



カンちゃんも付きあうことになるのも、またインドに行くことになるのも。

しかもリコーダーをたくさん持って。










どこでどう変わっていくのか。
わからないけど、生きていく。

いや、そもそも変わることが大前提なのが人生。



変化を恐れるなかれ、漂流を恐れるなかれ。
どこまでも広がる凪に漂えば
まだ何も始まっていないことを知るんだ

ここから、まだまだここから。







































ていうか天領うどん食べすぎ。




よし、もうこれで思い残すことはないぞ。
































土砂降り雨の中、別府に到着した。














今夜歌わせてもらうことになっているライブバーの博堂村の前に到着して電話をかけると、店の中からアツシ君が出てきた。




ひとまず実家から積んできた音楽の録音機材であるMTRをアツシ君に渡した。


前にCDを作るために買ったこのKORGのMTR。
なかなかデカいやつなので、これがあればある程度のバンドサウンドでも録音することができる。



俺は今から海外に行く。

どうせ実家の押入れに眠らせとくんだったら有意義に使ってくれるやつに貸しといたほうがいい。



アツシ君は信頼できる旅人でありミュージシャン。

これでアツシ君が音源を作ってくれたらバッチリだ。

























雨が降りしきる中、博堂村に入るとすでにたくさんの人が集まっており、ライブが始まっていた。












今夜は博堂村の常連さんである男性の結婚パーティーが行われている。

みんな音楽仲間なので、ここで全員でライブして盛り上がって2人の結婚を祝おうっていうわけだ。



そんなところになんで俺が来たかというと、アツシ君が話を持ちかけてくれママからのお呼びがかかったから。



もうすぐ日本を出るので、その前に博堂村で歌いたかったんだけど、今夜のパーティーの中で俺の枠を設けてくれたのだ。






うーん、恐縮。

お仲間たちのパーティーに見ず知らずの俺が入っていってライブなんてなかなか気がひける。



でもそれを言ったらアツシ君も別府の新参者だし、ママがセッティングしてくれたんだから俺は俺の精一杯の演奏でパーティーを盛り上げよう。














というわけでアツシ君もライブ!!

サムクックのワンダフルワールドから、さだまさしの頂戴ませませとか選曲が渋い!!

さすがアツシ君やなー。










それからもお仲間たちが順番にお祝いの歌を歌っていき、俺の番に。

数少ないお祝いソングレパートリーの中から30分ほどやらせてもらい、それからアツシ君や常連さんのメンバーに演奏に加わってもらい、ワンダフルトゥナイトなんてベタな曲をやってステージを降りた。


うん、やっぱりベタな曲はいい曲だよな。



















「いやー、やっぱり金丸さんすごいです。普通に感動してましたよ。台湾の時みたいに、また悔しくなりました。」



アツシ君がそう言ってくれる。


みんな頑張って日々技術を磨いて経験を積んで、どんどん自分を高め、活躍の場を広げていってる。

音楽仲間も、旅仲間も、それ以外の友達たちもみんな頑張ってる。



そんな仲間たちの成長を見るたびに焦りが生まれてしまうけど、俺だってそこそこ場数を踏んできてるんだから成長してなきゃバカ野郎だよな。



























パーティーは大盛り上がりで終わり、それからママやアツシ君たちと居酒屋に飲みに行ったんだけど、ゆうべからの二日酔いと体調の悪さで体力が落ち込んでいてちゃんと話ができなかった。


せっかく場を作ってくれたママに申し訳ないと思いつつも、緑茶しか飲んでないのにトイレで吐いてしまった。


ああ、しんどい……………




明日も長い移動がまってる。
明後日にはライブ。

ちゃんと体調管理しないとな。


















「ねぇ、金丸さん本当に車でいいんですか?うちのアパートで寝ていいですよ?」



「いいの、金丸さんが車でいいって言ってるんだから。俺だったとしてもそのほうがいいもん。旅してる側の気持ちはわかるから。」






アツシ君、そういうこと。ありがとうね( ^ω^ )

雨が降りしきる中、車まで送ってくれたアツシ君たちと別れ、すぐに後部座席で横になった。




あー、明日も頑張るぞ。





















1月25日(月曜日)に、旅出発前の飲み会したいと思います!!

誰でも参加オーケーです!!

場所は東京三軒茶屋のバー、四軒茶屋です。

20時から飲み放題、軽食付きで3000円です。

東京で遊んだみんな、しばらく日本離れるので飲もう!!!




岩国ライブ、詳細発表!

最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

日本最後のライブ、共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村




すっごい女の子がやってきた

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月16日(土曜日)
【宮崎県】 宮崎市







宮崎市内の駐車場。




車の中で目を覚まして、まずはソッコーでお風呂に入りに行くことに。





今日は体を綺麗にしなければいけない。





なぜなら………………女の子と会うからだ!!!!









ずいぶん前からブログの読者さんから連絡をいただいており、とうとう今日、お会いすることになっている。

どんなお顔をした女の子かはわからない…………


でもそれがまたスリリング!!!!








剛力彩芽ちゃんみたいな爽やかで可愛らしい女の子だったらどうしよう!!!


恋が芽生えてしまって、え?インド?なんでそんなとこ行かないといけないの?カレー食べたいの?向こうにあるよ、サジョワン、みたいなことになりかねない!!











年齢は20代、フェイスブックのトップ写真は顔のほんの一部しか写ってないので、これでは全然わからない。


でもきっと剛力彩芽だと俺の直感が言っている!!!!


ショートカットで正義感の強い、初恋の人を思い出させるような女の子のはず!!!



いやあああああああ!!!!!!!

優しく抱きしめたいいいいいいいいいいい!!!!!!!!!







おらぁ!!!!


ヘッドスライディングで極楽湯に突入してヒゲを剃って身体中をすみずみまで洗って、氷室京介に変身!!

ロッカールームで洗濯済みの服を着こんでクラウディーハート!!





「お風呂上がりのマッサージいかがですかー。」


「マッサージよりも、魂を抱いて……くぅれぃ!!」





極楽湯を出て手を胸に当ててシュッ!!って言いながら1番街を歩いて、たどり着いた悲しみの果てに、風に吹かれ雨に打たれ、終わりのないこの闇の果てにブレキンスルーザナイト!!













チキン南蛮食べすぎ。







爛漫の裏メニュー。というか俺限定セット。

チキン南蛮とチキンガーリックソテーのセット。




ああ、美味すぎる…………

もうなんか爛漫がある人生でよかったよ…………


人生を豊かにしてくれるよ………………


ありがとう……爛漫さん…………




「金丸君、宮崎でライブやってくれるの待ってるから。」


「わかりました!!必ず戻ってきますから!!」






爛漫のみんなに挨拶して店を飛び出してブレキンスルーザナイト。

さぁ、行こうぜ、ニューヨーク!!






















ニューヨークじゃなくてミックの前に来ました。

宮崎のデパートです。

ここで待ち合わせをしています。剛力彩芽と。










こ、ここに………剛力彩芽が…………いるはず………………




はぁはぁ……………どうしよう……………

とりあえずランチパック買ってきたほうがいいかな………………






えーっと……………………この辺りにいるはずなんだけど…………


どこだ………………















「あー!ウケるー!!実物やしー!!」




な、なんだあのどっからどう見ても夜の女全開のミニスカートの黒髪ロングは…………


俺の方を見て手を振ってる………………



今俺が探してるのはもっとショートカットのナチュラルメイクの爽やかな朝の光が似合う新芽のような剛力……………





「金丸さーん!!うわー!カオリですー!!」



「ちょ、ごめんなさい、僕いま人と待ち合わせをしてて忙しいんです。剛力彩芽みたいな可憐な女の子を探してるんです。」



「うわー!!金丸さんって実在するっちゃね!!なんか学研が作り出した架空のキャラクターかと思っちょったー!!ウケるー!!」











剛力彩芽じゃなくてただのエロが来た………………


な、なにこのエロい人……………




「いやー、金丸さんだしー。」



「か、カオリ……さん…ですか?」



「そうですよー。いやー、ずっと金丸さんのブログ読んでたんですよー。本当金丸さんのブログの下ネタサイコーなんですけどー。もっと書いてくださいよ!!最近下ネタ少ないですよ!!」



「す、すみません………カオリさんってお仕事は何してるんですか………?」



「私夜働いてるんですけど、本当私ってエロなんですよー。エロすぎて困ってるんですよ!あはは!!エロメンって知ってます?私◯◯君推しなんですよねー!!もうつまみ食いしたい!!」







はぁはぁ……………

こ、これはなかなかのクオリティーの人来てしまったぞ………………






い、いや!本当は心の中は剛力彩芽みたいな爽やかで可憐な女の子のはず!!





「か、カオリちゃんって彼氏はいるの………?」



「いますよー!!ラブラブです!!でもこの前1番街の中で殺し合いしましたけどね!あはは!!」






この人は何を言ってるんだろう……?


こ、怖いよ…………この人怖いよ…………





「私っていつもエロいこと考えてるか病んでるかなんですよね。そのどっちか。あ、そうだ、これリコーダー持ってきましたから。」




そう言ってギャルしか持たないようなヒョウ柄のショップ袋を渡してくれるカオリちゃん。

ほらね、カオリちゃんってこんな派手な女の子だけど本当は心の中はとっても女の子らしい可愛らしい子なんだよ!




「心配しなくてもリコーダーを棒状にして使ったりしてないですから安心してくださいね!!」



「そ、そんな心配してねぇし…………あ、ありがとうね!!大切に使うよ!!」



「あ、これもよかったら使ってくださいね!」




ショップ袋の中から出てきたのは………














「テンガのコンドームとか見たことないでしょ?ヤバくないですか!あはははああははああはあはー!!!」









怖いよー!!

カンちゃんこの人怖いよー!!!









会ってお茶してる間に話したの95パーセント下ネタ。

剛力彩芽ではなかったけど、すごい良い子で話が面白くてあっという間に時間が過ぎた。


見た目はめっちゃ派手な夜の女だけど、本当はとても素直な良い子なんだなって思った。


いやー、一緒に飲めたら楽しかっただろうなぁ。




カオリちゃん、タバコまでありがとうね!!







ケータ君経由で俺のタバコの銘柄調べてくるとか気がきくのが怖いのかわかんない!!


















「じゃあ、俺そろそろ次の約束があるから行くね。」



「あ、なら送っていきますよ!いやー、本当セックスっていうのは合体してるときに涙とか出てくるほど相性の良い人もいるもんでうんたらかんたら……………」





そんなカオリちゃんと一緒にやってきたのはMRTテレビの前。

宮崎の放送局なんだけど、こっちにいるうちに取材をさせてもらえませんかと連絡をいただいていたのだ。

宮崎での本の売り上げとかもっと伸ばしたいのでもしテレビで紹介してもらえたらとても嬉しい。



さて、スタッフさんにご連絡を………………




あ、あれ?






あ!!!!!


時間すぎてる!!!!


約束の時間すぎてる!!?!!



待ち合わせの時間を勘違いして10分遅れてる!!!!



やっちまった!!とすぐに電話をかけると、今から入り口にお迎えに行きますねと言ってくれたスタッフさん。

怒ってはいない様子だったけど、失礼なことしちゃったな……………








「あー、どうも金丸さん、来ていただいてありがとうございます。」



すぐに入り口まで出てきてくださったスタッフさん。



「じゃあ金丸さん、楽しかったです。また会いましょうねー。」



スタッフさんが出てくるまで待っててくれたカオリちゃん。

エロい笑顔で夜のオーラ全開で帰っていった。














…………はっ!!!


ち、違います!!!!

女とイチャこらしてて遅れてきやがったのかコノヤロウ?みたいなことになってる気がする!!!!

違う!!

いや、違わなくもない………!!





とにかくカオリちゃんありがとう!!!


















それからMRTの中で旅の話や今後の活動のことなどのお話をさせてもらい、宮崎で面白いことやってる人ならこんな人もいますよ?とケータ君のことを紹介したりしながら1時間ほどの取材は終了。


金丸さんとケータさんで2人でブログランキング1位2位になってることありましたよね!と言うスタッフさん。

あの当時だったら宮崎でもすごい紹介とかしやすかっただろうなぁ。





まぁでもまたこれからもどんどん面白いことをやっていけばいいだけのこと。

過去と同じことやってたって前に進まない。

今後MRTさんが取材したくなるような旅をしていくぞ。


























取材が終わったら、すぐに歩いて次の場所へ。

今夜はとある会でお話と演奏をしてもらえないですか?とお誘いをいただいている。


主催者のかたのご自宅で様々な業種のかたが集まって飲み会をし、その場で色んな専門知識を持った人がお話をするというものらしい。


今風に言ったら異業種交流会ってとこか。





友人の紹介で繋がったんだけど、この会はギャラはないし、あんまり物販も全面には出したらいけないような雰囲気みたい。

ご友人たちの集まりって感じなのかな。



とにかく1人で歩いて会場である主催者さんのご自宅に到着した。












設計士さんである加藤さんのお宅は、デザインの凝った空間を活かした素晴らしいマイホームだった。

囲炉裏なんてものもある。
うーん、カッコいい。






















時間が経つにつれてどんどん参加者さんたちが集まってきて、リビングが人で埋まった頃にみんなで乾杯。


みなさん手作りの素敵な料理がズラリと並び、なんとも風情ある地方色豊かな飲み会だ。



本当に色んな業種・経歴のかたが集まっており、みなさんとお話を楽しむ。




この風と木の会は94回目、すでに14年続いているらしく、毎回ゲストによるお話をしてもらっているとのこと。


前回は葬儀についてのお話だったみたい。
















主催の加藤さんは話していて本当に人との心の繋がりを大事にされている方だというがわかった。

前にゲストで来た人が、みんなに自分の名刺を配りあからさまに宣伝活動をしたことがあったらしい。


異業種交流会ならばよくあることだ。

というかみんなそれが目的で来ている。

人との繋がりを作ることが異業種交流会の意義だ。






でも、それをやったとき、そこに生まれるのは仕事上の繋がりだ。

やはりそれはどうしても薄っぺらい。



加藤さんが望むのはそうではなく、肩書きや仕事を取っ払ったイチ人間同士の繋がり。


本当の意味での付き合いや、濃厚な出会いなんだなと思った。









都会にいるとわかりづらい、その濃厚なふれあい。

人間はやっぱり誰かと繋がっているからこそ生きていける。

いきなり商売や宣伝をしてしまったら、そりゃ確かに野暮だもんなぁ。



結構みにつまされる思いだった。













「じゃあ金丸さん、そろそろお願いします。」



みなさん程よくお酒も回って盛り上がってきたところで、ギターを持ってお話させていただいた。


お話のテーマは旅と健康。



健康を絡めたお話をしてくれということだったんだけど、どうしても絡められない。





お、俺が健康について何を話せばいいんだろう?(´Д` )

あんなに病気のオンパレードだったのに(´Д` )






いやー、旅をしてると健康になれますよ!なんて言えるわけねぇ。
そりゃ毎日規則的に衛生的にバランスの取れた食事をしてほどよく運動をしてぐっすり眠って、趣味を楽しみ、ストレスを発散させて、何事も欲張らず、苦楽を共にできる家族と穏やかに暮らす。

これが1番だよな。




雨の中橋の下でずぶ濡れになって眠ったり、数年洗ってないみたいな皿で謎の料理とか食べたりしたらいけません。

誰でもわかります。






まぁなんとかかんとかまとめて演奏もされていただいた。















というわけでこの夜はみんなが帰っていく中、最後まで残って飲んでいた。





明日もバタバタだ。

気合い入れていくぞ。





シメはきっちょううどん!!!

















1月25日(月曜日)に、旅出発前の飲み会したいと思います!!

誰でも参加オーケーです!!

場所は東京三軒茶屋のバー、四軒茶屋です。

20時から飲み放題、軽食付きで3000円です。

東京で遊んだみんな、しばらく日本離れるので飲もう!!!




岩国ライブ、詳細発表!

最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

日本最後のライブ、共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村




海外旅行でマジで必須のもの

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月15日(金曜日)
【宮崎県】 宮崎市







バッテリーゲット。
















前回の世界一周って準備らしい準備はほとんどしなかったんだけど、このバッテリーだけはちゃんと買っていった。




野宿メインのつもりだったので、いつでも充電が確保できるわけじゃない。


なので予備バッテリーは必須アイテム。




この準備はバッチリ的を得ており、マジでバッテリーなしでは前回の世界一周は成り立たなかった。


いつも公園のベンチで寝袋にくるまってバッテリーを繋いでiPhoneで日記を書いたりブログを更新したりしていた。












最初に持って出たのはiPhoneを3回フル充電できるやつと、2回フル充電できるやつの2種類。

値段は忘れたけどヤマダ電機で買ったなぁ。





でもそのバッテリーも1年経たないうちに海外で2つともパクられてしまい、カナダで新しいやつを買った。


しかし粗悪品だったので一瞬で壊れてしまい、またアメリカで新しいのを買うことに。




このアメリカで買ったやつが当たりで、今現在もキチンと使えている。

電子機器は当たりハズレがある。






確か5000円くらいで、15000mAh。

このmAhってのがどんな単位なのか知らないけど、とりあえず3000mAhでiPhoneを1回フル充電できるってことは経験の中で学んだ。


なのでアメリカで買ったやつは5回もフル充電できた。



これは野宿が続いたり、充電環境が整っていない町では本当に重宝した。












そしてもひとつ大事なのがこれ。











充電ソケット。





旅中はずっとiPhoneの正規のソケットを使っていたので、コンセントがあったとしてもiPhoneかバッテリーのどちらかしか充電できなかったんだけど、このソケットならUSBがふたつついてるので両方同時に充電することができる。



奇跡のソケットだああああああ!!!!!ってこれを買ったのがシンガポール。
ほぼ旅の終盤。




これがあったらヨーロッパとか楽だっただろうなぁって原始人みたいに感激したなぁ。












このふたつを手に入れてからはiPhoneの充電問題はほぼ解決して快適に日記を書いたり写真を撮ったりできていたんだけど、アメリカのバッテリーはもうすでに2年半くらい使っている。


おかげで電池の減りも早い。







というわけで今回の旅に向けて新しいバッテリーを購入した。


今回のバッテリーは20000mAh。単純に計算して6回半はiPhoneをフル充電できる。


ただiPhoneも当時の4sから6に機種が変わってるのでこれが当てはまるかどうかはわからないけど、そんなに大きくは変わらないだろう。



値段は3300円だったかな。

レビューでの評価もかなり良く、信頼できる。


重さは多少あるけども、これひとつで6回半もいけるんだったらある程度の島や山に入っても大丈夫だ。















旅に必要なものと不必要なものは前回の旅で嫌という程わかっている。



あと必要なものは…………………




ハーモニカだなぁ。



旅中ってハーモニカすぐ壊れるんだよなぁ…………



しかもなかなか良いやつは売ってないし、外国のハーモニカって値段も高い。


日本にいるうちにある程度ストックして持っていかないとな。






あ!!!!!

これ、先に書いときたいんですが、本当にありがたいことにブログの読者さんから色んなものを差し入れしていただくことがよくあります。

本当本当に嬉しくて、恐縮なことです。

みなさん、ありがとうございます。

風邪薬とかマジで助かります。




ただ楽器関係の差し入れはやはり好みがありますので、いただいたとしても使えないことがあります。

一口に弦と言いましてもたくさんの種類があります。


なのでみなさん、本当にありがたいし、テメーありがたく使いやがれ!ってお気持ちも分かるのですが、楽器関係のものはご遠慮させていただきたいです。



コンドームは嬉しいです!!

嘘です!調子に乗りました!!!








いや、本当に旅中にかかわらず、いつもブログの読者さんには助けられています。

暖かいメッセージだけでも大きな勇気になって前に進む力を与えていただいております。


感謝いたします。




ついでにブログ画面に出てくる広告をクリックしてください!アフィリエイトなんで数円僕に入ってきます!!


あとブログの1番下にあるagodaっていうサイトでご旅行のときのホテルをオンライン予約してもらえるとこっちもアフィリエイトなので僕に数パーセント入ってくるのでよろしくお願いします!!




ほ、本当にアフィリエイトってお金入ってくるのかな………………


まだ始めたばっかりだから全然わからない……………






























「この服はいる?こっちの鍵とかは?」



「あ、それは要らない。そのジーパンは持って行こうかな。」





今日はまず朝から実家で車の中の整理をした。


数ヶ月お世話になったこの車も、今度東京でのイベントの時にカッピーに引き渡す。


荷物をバッグパックに詰め込んだら高速バスで大阪に行って、後は関西国際空港から飛行機だ。




本当にこの車のおかげでどれだけ日本各地の人に会いに行け、素晴らしい景色を見に行けたことか。


Aちゃん、本当にありがとう。







「ん?なにこのシュシュ。なんでこんな女の子のシュシュがあるの?」




座席の下に挟まっていた黒い髪どめのシュシュを手に持って疑いの目を向けてくるカンちゃん。




「え?な、なんのことかな?な、なにそれ?シュシュ?いやー、もしかしたらオナニーの時に使ったものかなー、シュシュでシュッシュ、つって。ウケる!!」



「へー、女の子が髪どめを外すようなことを車の中でしてたんだー。へー。」



「あ、あの時のあの子か……………いや!!ご、誤解やし!!だ、誰だこんなもの置いて行きやがったのは!!陰謀だ!!そ、そうだ!!俺以外にもカッピーが1回この車使ってるからカッピーの仕業だ!!そうだ、あいつ黒いシュシュをつけてる女の子に目がないって言ってたし!!興奮するって言ってたし!!!」



「へー、ふーん。」





他に危ないものが出てこないか油汗をかきながら車の中を掃除し、インドに向けて要る物だけを載せ替えていく。


インドは今でも暑いはずなので服はズボンとシャツが2枚ずつあればいい。

前回履いていったウェスタンブーツはマジで何度ゴミ箱に全力投球しようと思ったかわからないくらい重くてかさばって蒸れて、死ぬほど旅に向かないんだけどやっぱり持っていきたい。



う、うーん……………

やっぱり旅のホーボーっていったらボロボロの年季の入ったウェスタンブーツを履いてて、ヒゲ面でポンチョ羽織ってて、悪者を退治して、町から町へ流れては可愛い土地の女の子と恋をしてローハイドなんだよなぁ…………


でもマジで重くてやってられなかったもんなぁ…………




まぁもうちょっと考えよう。






あと日本中から送っていただいたリコーダーも車に積み込む。








こんな立派なケースに入ってるものもあるんだけど、おそらくかさばらないように持っていくとしたらケースまでは持っていけないはず。

重量とか大丈夫かな…………





送っていただいて本当に本当にありがとうございます。


大事に使わせていただきます!!!

















そして最後に大事なものを入れ替えた。













ギター。







日本で使ってるKヤイリはたしかにいいギターだ。

13万くらいする良いものだし、ピックアップもつけてるからライブ仕様になっている。


音もきらびやかで良い。






でもやっぱり、放浪にはこいつだよな。


リサイクルショップで買った5000円のパールギター。


雨の日も風の日も雪の日も、
クリスチャンの教会の前で、
アザーンが鳴り渡るイスラムの国で、
陽気で危険なラテンアメリカで、
猥雑な東南アジアやインドで、




どんな危険な夜もこいつと乗り越えてきた。

どんなヤバい状況でもこいつとくぐり抜けてきた。





サイドボディに貼られている絵のステッカーは南米エクアドルの闇宿でヒッピーから買ったもの。

この苦悩の絵は放浪する男の魂を表現している。


やっぱり海外はこいつとしか考えられない。








久しぶりに手にとってみると、帰国して1年半も張り替えていなかった弦が錆びついてボロボロになっていた。


ネックを握ると、Kヤイリとのその微妙な握り心地の違いがあの頃をブワッと思い出させた。

弦を鳴らしてみると、あの過酷だった日々が描き出されるようだった。




音が、早く弾いてくれよって言ってるみたいだ。



またこいつと旅できるのかと思うと、心強くてたまらない。



いい曲演奏しような。




バンダナを結び替えたら、またこいつにバトンタッチだ。













































片付けをして、パソコンでブログの整備をし、それから日向にご飯を食べに行き、なんか新しく出来てた担々麺屋さんで腹ごしらえしたら、さぁ出発だ。


といっても今夜はカンちゃんを宮崎空港に送って行くだけ。

また実家にはあとで戻ってくる。





ゴルフから帰ってきたお父さんにカンちゃんが挨拶すると、また来なよと言ってくれたお父さん。


気に入ってもらえると思ったよ。

ていうかカンちゃんを気に入らない人なんていないよな。


お父さんお母さん、カンちゃんを笑顔で迎えてくれてありがとうね。


























「あー、宮崎いいねー。本当いいわー。」



名残惜しそうなカンちゃんを乗せて宮崎へと走る。


今まで付き合ってきた女の子はみんな宮崎の人だった。

こうして県外の、しかも大阪なんて大都会の女の子を故郷に連れてくることがとても面白かった。


でもどこか寂しくもあった。

故郷が離れた2人だったら、どちらかの親とは離れてしまうんだもんな。






























ていうかチキン南蛮食べすぎ。



知る人ぞ知る人気店、アデンのチキン南蛮。

全体的に甘めの味付け。

もちろん美味しい!!


色んなお店のチキン南蛮を食べてもらえてよかった!!


「ホンマ全然違うわー!!やよい軒とは違うね!!」



まぁやよい軒も悪くはないけどね!!あれは違う料理みたいなもんやし!!


































宮崎の空港に入ると、高千穂の世界農業遺産の登録を祝うイベントの準備をしていた。


空港自体、神話推しの作りになっており、時計台の上には高千穂神楽のカラクリ人形が設置されており、毎時間ごとに舞を披露してくれる。




いつかカンちゃんにとって、この空港が第2の故郷への入り口になってくれるといいな。


















カンちゃんまたね!!

ていうか4日後に会うんだけどね!!





























さて、カンちゃんを見送ったら宮崎市内へと走った。

この3日間カンちゃんとゆっくり過ごしたけど、明日から怒涛の日々が始まる。



ライブ、飲み会、移動、買い物、ネット整備、



やることはまだ腐るほどある。



確実に全てやりきってから後顧の憂いなく出発するぞ。













車を駐車して、やってきたのは宮崎の飲み屋街の中にあるライブバー、絃。

優しいご夫婦のやっているフォークのお店で、宮崎で弾き語りをやってるやつならほとんどがここに来たことがあるという場所だ。


俺も何度もここで飛び入りで歌わせてもらったり、自分のイベントの時に機材を貸してもらったりしたもんだ。





「おー!!金丸君ー!!久しぶりやねーー!無事日本に帰ってこれたんやねー。おかえり!!」



「ま、またすぐ行くんですけどね………」



「なに!!また行くの!?早くウチでもライブやってよー!!」






宮崎にはお世話になっている人がたくさんいる。

いすぎて全員に会うことはできない。

でもこうしてフラッと顔を出した時に笑顔で迎えてくれる人がいて本当に嬉しい。



「はい!!これ持って行って!!」




マスター、ママ、いつもありがとうございます。

また無事に帰ってきます。























さぁ、日本出国まであと25日。














1月25日(月曜日)に、旅出発前の飲み会したいと思います!!

誰でも参加オーケーです!!

場所は東京三軒茶屋のバー、四軒茶屋です。

20時から飲み放題、軽食付きで3000円です。

東京で遊んだみんな、しばらく日本離れるので飲もう!!!




岩国ライブ、詳細発表!

最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

日本最後のライブ、共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村



高千穂峡に行ってみよう!

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月14日(木曜日)
【宮崎県】 高千穂







昨日、宮崎の海側の名所を回りましたが、宮崎県は海だけじゃないんですよ奥さん。



そりゃあ日向灘はとても雄大で綺麗で景勝地には事欠かないですが、実は山側にもたくさんの名所があるんですよ巨乳の奥さん。





九州山脈はとても深く、平家の落人が逃げのびて住みついた里や、それ以前の神話の時代の村々が存在しています。



それはそれは神秘的な秘境の奥地に、八百万の神を祀る社が無数に点在するんですよこのスケベ!!どこを触ってもらいたいか言ってみろ!!!





というわけで今日は神話の国、宮崎の深いところを探るべく高千穂を目指すことにしましたよこの油断した二の腕のスケベ奥さんめ!!!
30させごろ40したがりめ!!















こういう無意味な下ネタを書いているとアフィリエイトの審査に通りにくくなるので皆さんはお気をつけください。

































天領うどん食べすぎ。





天領うどんって肉うどんだけじゃないですからね。
天ぷらうどんと人気を二分しています。


ちなみに宮崎市内のほうのうどん屋さんで天ぷらうどんを注文すると、さつま揚げの切り身が乗ってきて、マジウケるーってなります。



天領うどん美味しいなあ。























日向から山に入っていきしばらく走ると、やがて標高が高くなっていき、橋が多くなってくる。













でもこれらの橋はただ単に川にかかったものではなく、むしろ谷にかかっているもの。

下をのぞけば目もくらむような高さの橋が山と山をつないでおり、まるで天空に橋がかかっているような静寂の高地だ。



この辺りを日之影という。

いい名前だなっていつも思う。














日本1高いアーチ橋とかが普通にその辺にかかっているようなこの場所には昔は橋なんて当然なかったわけで、だとしたらこの急激にえぐれた深い谷に降りなければ向こうの山には行けなかったわけだ。



こちらから向こうを見ると、とんでもない山の中腹に小さな集落がへばりついていたりする。


この車や橋のある現代でさえ不便極まりない生活のはず。













あの向こうの家ではどんな人が暮らしているんだろう。

あの日の当たらない谷底の民家ではどんな人が暮らしているんだろう。


ちなみにこの美しい山村が先日、世界農業遺産ってやつに登録されたらしい。












それらの橋のひとつに青雲橋という橋があるんだけど、ここは自殺の名所として有名な場所だ。

みんなここから飛び降りるそうだ。

おかげで飛び降りられないように高い柵が取り付けられている。





子供の頃にここを通る時にそんな話を聞いて恐ろしくてたまらなかった記憶があるなぁ。















この橋の下の谷底には集落があるんだけど、前にそこの出身の人に聞いた話がある。


たまに夜中とかにパーン!!という破裂音が谷間に響き渡るんそうだ。

誰かが飛び降りて地面か川に落ちた音が静寂の谷間に不気味に反響するんだそうだ。



みんなその音の原因を分かっているけど、いつものように眠りにつくらしい。



奇妙な山里の夜。























さてさて!!!!

それじゃあ宮崎県山側のカンちゃん観光地ツアー、最初はここ!!






天岩戸神社。






「天岩戸ってなぁにー?神様系のやつー?」



「天岩戸ってのはねぇ、昔々アマテラスさんっていう神様がこもった洞窟のことでね、アマテラスさんがいないとこの国に光がなくなるから周りの神様たちはなんとかアマテラスさんを外に出そうとしたんだよ。」



「へー、どうやって?」



「鏡とか勾玉とか綺麗な宝物を持ってきたりしたんだけどアマテラスさんは出てきれくれなくてね、じゃあ自分から開いてもらえるようにしようということで踊りの得意な神様が岩戸の外で踊って楽しそうな音楽を奏でたんだよ。それはそれは楽しそうだからアマテラスさん、気になって岩戸を少し開けて外を覗いてみたんだ。それを見計らってめっちゃ力持ちの神様が岩戸をこじ開けてどりゃー!って岩戸を放り投げたの。それでアマテラスさんは出てきたんだよー。」



「そうなんだー。よかったねぇぇ。」



「その時に踊ったのがアメノウズメさんっいって芸能の神様って言われてるんだよ。めっちゃ力持ちの神様はタヂカラオさんっていうの。タヂカラオさんが投げた岩戸はめっちゃ飛んでいって長野県まで飛んでいって、落ちところに戸隠神社ってのができたんだよー。」



「超力持ちだ!!!」



「そこの像のだよー。」



「ふんぬー!!」
















この天岩戸神社。

高千穂の町のさらに奥地にあり、かなりの秘境感が漂っている場所。


木々の生いしげり方とか、周りの集落の風景とかも果てにやってきたような雰囲気だ。








普通にお参りできるんだけど、ここは必ず遥拝のお願いをしよう。


まず神社の入り口の売店で、遥拝お願いしますーと声をかける。


そして何人か人が集まってきたら神官さんが出てきて境内の案内をしてくれるのだ。












この神官さんのお話がまた丁寧でわかりやすく、非常に面白い。

神道の成り立ち、神様というものの存在、そして現在に至る天皇家のお話など、すべて興味深い内容だ。



「菅原道真も徳川家康も、死ぬ前は普通の人間でした。それが死んでから神様と呼ばれるようになりました。神様、というのは元々は人間だったのです。なのでアマテラスもスサノオも、かつて古代に生きていた人間だったのです。」



「天皇陛下は私たちが食べ物に困らないように祈ってくれています。皇后陛下は私たちが着るものに困らないように祈ってくれています。」







天皇は神様の家系だ。

元々ニニギノミコトが高千穂峰に天孫降臨され、そのひ孫が日向美々津の港から船を出して奈良県に入り、天皇に即位したといわれている。これが初代天皇の神武さん。

つまり天皇の祖先は神様。


この科学の発展した現代なのに、マジでそれが受け継がれている。



イスラム地域で、人間の祖先が猿?マジウケるー!人間の祖先はアダムとイブなんだよ?知らないの?バカなの?って真顔で言ってくる人に対して、本気で言ってんのか?宗教ってすげえなぁって思ってたけど、日本もそういう意味ではなかなかのスピリチュアルカントリーだ。
















神官さんの案内を聞きながら境内を進んでいくと、本殿の横から裏手に回る扉がある。

ここでバサバサッとお祓いをしていただき、いざ、御神域に突入。





裏手の川沿いに出ると、川の向こうの山の斜面にぽこっこ凹んだ窪みが見える。


なんとあれが天岩戸なのだ。

アマテラスさんがこもったといわれるあの洞窟。


今では風化によって崩れ、ほとんど洞窟としての形はなしていないけど、伝説として言い伝えられている。


昔から神官も村人も誰1人立ち入ることのできないご神域としてされているんだそうだ。









はっきり言って、ただの山の小さな川沿いなので、向こう岸まで行こうと思ったらすぐに行ける。

そんであの窪みに入ってアマテラスさんの真似をしてみてもいい。

こういった好奇心は昔からだよなぁ。
















天岩戸という完全に神話の中の物を見て神聖な気持ちになったら、今度は川沿いを上流へと歩いていく。

マイナスイオンに溢れた森の中、川のせせらぎを聞きながら進んでいくと、なにやらあちこちにチラホラと小石を積み上げているのを見つける。


まるで恐山のあれみたいなやつ。



なんだか不気味だなぁと思いつつもう少し行くと、森の中にがっぽりと口を開けた洞窟が出てきて、その中におびただしい数の石積みが広がっていた。














ここは天の安河原。

八百万の神々が集まった場所だと言われている。

積み石は一般的に亡くなったものの供養のためという意味合いが強いけど、ここでは単純に願い事のために石を積んでいるみたい。
























山奥の洞窟、地面が見えないほどの積み石、その光景はあまりに異様で、霊感がなくても何かのオーラをヒシヒシと感じてしまうようなパワースポットだ。


神話の国にふさわしい神秘の場所。





















お参りを済ませたら高千穂の町にやってきた。

こんなめちゃくちゃ山奥にある小さな町にも、宮崎銀行の支店や郵便局があって、商店やコンビニがある。


どこにでも人の暮らしがあるんだよなぁ。


小さなラーメン屋さんに入って素朴で美味しいラーメンを食べた。










































次に高千穂神社に行って、立派な夫婦杉の前でベタに写真を撮り、最後に向かうは高千穂峡。



そう、宮崎の名所といえば、海側が青島、そして山側が高千穂峡。



サザエさんのオープニングで全国の観光地が出てくるアニメがあるけど、宮崎ではこの高千穂峡が選ばれている。




子供のころに親に連れられて来た記憶は残っているけど、それ以来ずっと来ていなかった。

ただ遠い昔の記憶があるだけで、とても特別な場所のような気がしてしまう。




































「わー!すごーい!めっちゃ綺麗ー!」



「うおー…………こいつは綺麗だー……………」





高千穂峡は阿蘇山の火山活動により流れ出た火砕流の地層が、長年の歴史の中で侵食されて作り上げたV字の峡谷のこと。


溶岩が固まってできる柱状節理の断崖がそそり立ち、その隙間を深緑色の川がたゆたっている。


それだけでも幽玄とした景勝地なんだけど、この峡谷の狭まったところに真名井の滝という一筋の滝が静かに流れ落ちている。














ゴジラが引っかいたようなダイナミックな柱状節理の断崖、

さらさらと天から降り注ぐような柔らかい滝の曲線、



このふたつが相まって高千穂峡はあまりに完成された神秘の美しさをたたえている。





いやー、いい場所だわー。




















でも高千穂峡の本当の楽しみ方はそれだけじゃない。









なんとこの渓谷をボートに乗って自分たちで遊覧することができるのだ!!!


子供のころ、ボートで真名井の滝に近づいて水しぶきを浴びて喜んでた記憶が蘇る。

あの時はもちろんお父さんが漕いでくれた。





あれから大人になって、今日は俺がボートを漕ぐぞ!!!!!!

カンちゃんにいいとこ見せてやる!!!

























「すみませーん、今日はボートの点検日で休みやとですよー。明日はボート乗れるんでまた来てくださいー。」






な、なんてピンポイントで今日が点検日……………







まぁいいか。

子供のころの記憶と目の前の光景が重なってすごく懐かしかった。



















これにて宮崎県、山側観光は終了。

い、いや!!他にもたくさんありますよ!!


椎葉とか諸塚とか西米良とか、独特な文化風習が残る村が宮崎にはたくさんあります。




あと3日あればだいたい回れるんだけどなー。

カンちゃん、これからも宮崎に来るたびに色んなとこに連れてってあげるね。























この夜はまた実家に帰り、お父さんお母さんとカンちゃんと4人で近くの居酒屋さんに行き、みんなでお酒を飲みながら美味しいお魚を食べた。












カンちゃんも昨日よりか馴染んでおり、お母さんと楽しそうに話をしてくれている。

お父さんもたくさん飲んで、カンちゃんにお酒をすすめて、ご機嫌だ。















あー、いい里帰りだな。

気がつけば、いつも里帰りしてたんだな。


人はこうやって故郷を離れていくんだな。



でもいつまでも故郷は故郷のままだ。















1月25日(月曜日)に、旅出発前の飲み会したいと思います!!

誰でも参加オーケーです!!

場所は東京三軒茶屋のバー、四軒茶屋です。

20時から飲み放題、軽食付きで3000円です。

東京で遊んだみんな、しばらく日本離れるので飲もう!!!




岩国ライブ、詳細発表!

最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

日本最後のライブ、共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村





カンちゃんを実家に連れて行こう

当ブログは『金丸文武オンザロードアゲイン』へ移転しました。

3秒後、自動的に転送いたします。

自動的に転送されない場合、
こちらをクリックしてください。



2016年1月13日(水曜日)
【宮崎県】 宮崎市







僕は宮崎が好きです。















好きすぎて、ギター弾き始めた時によく歌っていた曲はサンシャインパラダイスです。





サンシャインパ~ラダイス~
宮崎~が大好き~
だ~か~ら~ パ~ラダイスゥゥゥ~






えっ!?何の曲か知らない!!??

嘘だろ!!!???


宮崎の地方テレビの放送時間終了の深夜に流れ出すこの名曲中の名曲を知らないなんてシンジラレナイ!!!!


















知るわけないですよね。


ていうか歌わないですよ。こんなローカルな曲。







でもサンシャインパラダイス宮崎が大好きなことに偽りはないです。



故郷だからというわけではなく、日本をほぼ全て回ってきて、宮崎はあらゆる面でとても素晴らしいと思います。



暖かい気候、豊かな自然で日本のハワイと呼ばれ、かつて宮崎は新婚旅行のメッカとして誰もが訪れる憧れの地でした。












多くの人を魅了する宮崎のポテンシャル。


その中でも特に胸を張って自慢できるのが、食です。



海産物、地鶏、野菜、すべてのクオリティーが高い!!


始めて宮崎を出た時に、県外でご飯を食べて全然美味しくないなぁと感じることが多かったのは、間違いなく宮崎の食べ物の質が高かったから。










あぁ、恋い焦がれた宮崎のご飯………………







ようやくアレを食べる時が来たよ……………全国のみなさん……………













県外で一緒にアレを探してくれた人たち、本当にありがとうね。

















ふぅ………………


着きやがった。




























な、なにここ!!

眩しい!!

眩しすぎて目が開けられない!!



聖なる場所なの!?
ホーリープレイスなの!!?

キリストの生誕教会よりオーラがパナい!!!!













そう、宮崎市一番街アーケードを抜けて50メートルほど進んだ右側にポツリと佇む風格のある老舗洋食店、




爛漫!!!!!










その邪悪なものの接近を受けつけない神聖なる御姿はまるで南米のアンデス山脈の奥地に残されたインカ帝国の遺跡のごとし。


心が汚れた者が浸入したならば一瞬で灰になってしまいます。













さぁ、行くしかないぜ…………


覚悟を決めてドアを、開け……………るぞ!!!!



マンコカパック!!!!!(インカ帝国初代皇帝)























カーズ。












カーズですよ、みなさん。








究極なんです。






この姿形、神々しさ。まず見た目で土下座したくなります。

これまでの人生の汚れた部分を懺悔したくなります。










では実食です。


この神聖なるチキンを輝彩滑刀のモードで切り取ります。






あ、ちなみに爛漫のチキン南蛮はムネ肉です。

毎日鳥を一羽買いし、丁寧に手作業でさばいているので鮮度がバツグンです。



モモ肉の南蛮は確かにジューシーだけど、爛漫のムネ肉はマジでヤバイので、初心者は是非ムネ肉の南蛮からいってほしいです。











1年間、この日をどれほど待ち焦がれたか……………






僕がブログに爛漫のこと書きすぎるので、読者さんが、金丸さん行ってきましたー、って爛漫での食事のレポートを送ってくることがたくさんあって、ぶっ殺すぞコノヤロウ!!って何度思ったことか。




ついに…………いただきます!!


















「フミ君、久しぶりだねー。元気にしてた?まったく大阪とか東京ばっかりでライブしてこっちでやらないんだもんなー。」



「あ、お兄さんお久しぶりです、マスターもお元気そうで。いやー、宮崎でのライブやってなくて申し訳ありません。あ、ところでトイレお借りしてもいいですか?オシッコが漏れたみたいなので。」








うめえええええええええええええええええええええええあえええええええええええええええええええええええええええ………………………………










本当に美味しいとき、人は叫べない。


本当に美味しいものを食べたとき、人は叫ぶように囁くのだ。







美味すぎる…………………!!!!!!!!!!!!!!!!!!!








こっ、これはああ~っ!
この味はあぁ~っ!


サッパリとした南蛮酢にタルタルの上品な甘みがからみつくうまさだ!!
ムネ肉を南蛮酢がひき立てるッ!
「ハーモニー」っつーんですかあ~!
「味の調和」っつーんですかあ~っ!


たとえるならサイモンとガーファンクルのデュエット!
ウッチャンに対するナンチャン!
高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」!

…つうーっ感じっスよお~っ!!



ズビ!!

たまらん!!
















幸せな時を過ごしました。


爛漫。宮崎の至宝。


みんなあんまり大挙したらダメだからね!!


















さて、マスターのパールジャムによって体の全てが一撃で健康になったところで観光に行くぞこのチンカスウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!



宮崎の観光ならあああああああ




この俺に任せとけええええええええええあええええええ








なんでチンカスとか書くんだろう…………


こんなこと書くからアマゾンのアフィリエイト審査落ちるんだよ……………

性的描写が多すぎて……………

















夜には日向に帰るので、行けて3ヶ所がいいところ。

大阪府民である都会っ子のカンちゃんに、宮崎の素晴らしさを教える3ヶ所のチョイス。


これは重要!!!!



さぁ!!行くぞ!!!!!









1ヶ所目


青島












宮崎の観光地といったらまずここ。

ここに行かずして宮崎は語れない。


青島は海に飛び出した小さな島なんだけど、面白いことにその島は熱帯・亜熱帯の植物に覆われた密林になっている。

そしてその密林の中に、朱色の立派な神社、青島神社が鎮座してある。


祭神は天津日高彦。




全島が霊域で、足元は砂浜かと思いきや打ち寄せたサンゴ礁や貝のカケラが広がっている。

島の周りはいわゆる鬼の洗濯岩という宮崎の代名詞である天然記念物に囲まれており、熱帯のジャングル、神話の神社、水平線と奇岩というとても不思議な景観を作り出している。


島には土産物屋さんのある参道を通って橋を渡って行くんだけど、観光シーズンには人力車も出るような人出で賑わう。

































「わー!綺麗ー!晴れててよかったねー!!の鬼の洗濯のやつ、絶対作ったやつやろ?海女さんが夜に並べてるんやろ?」



「違うんだよー。これはね、砂と泥の地層が波に侵食されて出来た天然記念物なんだよー。」



「フミ君なんでも知ってるの!?あー、海きれー。」





































それから神社にお参りへ。



「カンちゃん、何をお願いした?俺は本がたくさん売れますように、外国を安全に旅できますようにってお願いした。」



「私は毎日楽しく過ごせてます、ありがとうございますって言った。神社とかお寺ではお願いをするんじゃなくて感謝をするんやよー。」






そっか。
あんま欲張っちゃダメだよな。















2ヶ所目


堀切峠















「うわああああああ!!!!キレーー!!!!」



日南海岸の入り口、堀切峠。


海沿いの道に出た瞬間、ドワーー!!!っと視界が開け、見渡す限りの水平線がどこまでも広がる。



フェニックスの木や、ブーゲンビリア、夏にはハイビスカスが咲き誇り、この海外沿いは本当に気持ちのいいドライブスポットになる。


ここのドライブインでマンゴーソフトを食べながら海を眺めるのが定番のデートコース!!!





























3ヶ所目!!!!!!

鵜戸神宮!!!













べ、ベタって言わないで(´Д` )

時間ないんだもん(´Д` )

















超王道コースですね。

宮崎来たらみんなこのコースを回ります。

もちろんそれだけ素晴らしいってことです。





日南海岸をくだっていくと、途中にサンメッセ日南っていうテーマパークがあります。

ここには世界で唯一、イースター島の人が認めたモアイ像があります。


マジでちゃんとしたモアイ像。













まぁ本物見たことあるので、入り口にあるモアイと写真だけ撮って、鵜戸神宮を目指す。










しばらく南下して、小さな集落を通り過ぎて海の突端に向かっていくと、そこに鵜戸神宮はあります。





きらめく海の崖の上から参道がのびており、朱色の門や鳥居が青い海にはえて、とても美しい場所です。





しばらく歩いていくと、少し険しい坂道が始まり、海に向かって崖を下っていきます。

巨大な岩がそびえ、波がザバーン!と打ち寄せる凹んだ部分に、鵜戸神宮の本宮はあります。


























断崖のえぐれた内部に隠れるように建てられた社殿はとても神秘的で、神話の国宮崎のムードを演出している。

いつ来ても思うけどかなりのパワースポットだと思う。


主祭神はヒコナギサタケなんとかかんとかっていうややこしい名前の神様。













鵜戸神宮はその威容とパワースポットというだけで参拝に行く価値があるけども、俺がいつも友達を連れてくるのはもうひとつお楽しみがあるから。




それが運玉投げ!!















運、と文字が彫り込まれた素焼きの玉を、海に浮かんだ大きな岩の上にある水の張った窪みに向かって投げ、見事入ったならばハッピーになれるという子供だましみたいなアトラクションなんだけど、これがまぁ楽しい。




しかも男は左手、女は右手で投げないといけないというルールがあり、結構距離もあるので難しい。


俺はいつも10個投げて1つ入るか入らないかくらい。



というわけで今年の運勢を占うぞ!!!!!!



















「よーし、じゃあ私から投げるねー。」



「ははは、カンちゃんはまぁちんちくりんだから20個投げて1つ入ればいいくらいじゃないかな。まぁカンちゃんが入れられなかった分は俺がキッチリ入れてあげるから心配しなくてい、」



「いやああああああ!!!やったああああああああ!!!!!」









1投目で入るカンちゃん。


本当この子は神様に好かれてるなぁ。




















というわけで宮崎市内から行けるこれぞ宮崎という観光地トップ3、みなさんも是非遊びに行ってみてください。

できれば晴れの日に。
晴れの日の日南海岸は最高ですから。






















観光を終えたら一路、日向に向けて車を走らせる。

今夜はこのまま実家に帰ってご飯を食べて、明日また違うところに観光に行く予定。


ハンドルを握る俺の横でカンちゃんがせっせと髪の毛をいじったり顔を整えたりしている。





「ちゃんとしなきゃ。ちゃんとしなきゃ。あー、この髪型じゃあ派手かなぁ。この服でいいかなぁ。」






実家に来るってことは、当然親に会うってこと。

彼女を紹介して、カンちゃんは親に挨拶をしてくれる。


別に結婚の挨拶ってわけじゃない。

恋人を連れて行くだけのことだ。




でもやっぱりカンちゃんはめちゃめちゃ緊張してるみたいだ。




「あーもう無理、無理だー、緊張しすぎて吐く!!」



「そんな緊張しなくてもいいよ。普通よりも優しい親だと思うよ、うちの両親は。」



「でも怖いー!!」



「やっぱりアレなの?お皿洗いますーとか、洗濯物たたんどきましたー、とかそういうのでデキる彼女アピールをするの?」



「いや、ダメ。最初からそんなことしたら厚かましい。女の人は台所に入ってもらいたくないし、洗濯物もその家のたたみ方があるし、最初のうちから出過ぎたマネはしたらダメなの!」






女の子は大変だなぁ。



まぁ俺もカンちゃんの家に行くとなったら多分リアルに吐くか。




































家に着いてドアを開けると、すでに鍋の匂いがしていた。

緊張しているカンちゃんを連れて家に入ると、お父さんもお母さんも笑顔で迎えてくれた。



こうやって人を紹介するとき、うちの親は本当に柔らかい。




面白くてよく笑うお母さん、ニコニコしてお酒を飲ませてくるお父さん。
なんとも平和な家庭。




「ほら、怖くないやろ?」



「う、うん、あ、これつまらないものですが………」





大阪土産を持ってきてくれたカンちゃん。



「面白い恋人じゃないの?どうもー、面白い恋人ですーつって。」



「そんなこと絶対できない!!私面白くないもん!!」
















お父さんが作ってくれていた金丸家特製水炊きをテーブルに運ぶ。

席に用意されていたのは、普段見ないちょっといいグラスだった。








乾杯をして、いっぱい食べて、たくさん喋って、たくさん飲んだ。


とても暖かかった。














日本出発まであと少し!!

というわけで1月25日(月曜日)に、旅出発前の飲み会したいと思います!!

誰でも参加オーケーです!!

場所は東京三軒茶屋のバー、四軒茶屋です。

20時から飲み放題、軽食付きで3000円です。

東京で遊んだみんな、しばらく日本離れるので飲もう!!!






岩国ライブ、詳細発表!

最後が山口県岩国市。大好きな町で、かなり渋い場所で歌います。2日後には飛行機です!!

日本最後のライブ、共演も豪華なのでぜひ遊びにきてください!

★日にち………2016年2月7日(日曜)
★場所…………山口県岩国市 『水西書院』
★オープン……13時
★スタート……14時
★チケット……1500円(ワンドリンク付き)
★共演…………原田侑子、高瀬裕充







旅の動画、世界放浪日記、コンタクトはこちら。

金丸文武 HP





ブログのランキングというやつをやっています。
ここをクリックしたら投票されます。
ワンクリック詐欺ではありません。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村


金丸文武
プロフィール
宮崎県出身。路上演奏の稼ぎのみで日本一周、世界一周を達成。今も世界のどこかを放浪中。

Author:kanemarufumitake
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
世界中のホテル予約はこちら!
家族旅行もバックパッカーも!!
広告!!!
本:世界の路上で生まれた奇跡
金丸文武著 好評発売中!!! 金丸文武著 好評発売中!!!
CD:アンダルシアの風
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
楽天なら何でも揃う!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。